閉じる

作業療法

活動の概要

入院、通院されている患者さんを対象に、様々な活動や人と関わることを通して、病状の安定やよりよい生活の準備や練習を目的に、個々に合わせた活動プログラムをご案内して参加して頂いています。
作業療法は次のような目的で実施しています。

こころとからだの健康のために・・・

  • 気持ちを落ち着かせる
  • エネルギーを発散させる
  • 休息をとる
  • 生活のリズムを整える
  • 自分の状態を知る
  • 基礎体力をつける

集団生活のために・・・

  • 人がいる場で過ごす
  • 少しずつ他者との交流を図る
  • 役割を担う

よりよい生活のために・・・

  • 楽しむ体験を積む
  • 自信をつける
  • 余暇活動を楽しむ

プログラムのご案内

主治医の指示のもと、作業療法士や担当看護師などと相談して参加するプログラムを決めます。ご興味のある方は主治医や各スタッフにご相談ください。

入院作業療法

外来作業療法 

作業療法

個々の患者さんの目的に合わせて、手工芸など様々な活動に取り組んでいます。パソコンを利用したり音楽を聴いて気分転換を図ることもできます。作業療法室で実施しています。

アルコールリハ

アルコールリハビリテーションプログラム(ARP)の一環として、革細工を実施しています。
革細工という一定の作業を通して、アルコールからの回復を実感したり、適応的なストレスの発散を体験したり、自己効力感を得ることを目的にしています。また、アルコールがない生活でも楽しめることも体験して頂きます。

1病棟ミニOT

病棟内で手工芸を行っています。病棟で実施することで、気軽にご参加頂いています。1病棟で実施しています。

サロン

コーヒーやお茶を飲みながらゆったりと過ごします。雑誌を読んだりおしゃべりしたり、トランプをしたりとリラックスできる場としてご利用頂いています。

※現在はコーヒーやお茶の提供を中止しています。

2病棟体操プログラム

ストレッチとツボ押しを行っています。身体をほぐすことでリラックスし、ゆったりとした時間を過ごしたり自分の体の状態を知ることを目的にしています。

園芸

気候のいいときに病棟の中庭で不定期で行います。1・2病棟に入院している方を対象としています。季節に合わせた野菜や植物を植え、収穫できれば調理し試食します。
 

個別作業療法

集団の場に入りづらい方など個々の目的や必要に応じて作業療法士と1対1で作業療法を実施しています。

お問い合わせ
精神医療センター 事務局
電話番号:077-567-5001
FAX番号:077-567-5033
ページの先頭へ戻る