栄養指導科

基本理念

患者さんの立場に立った栄養管理および給食管理を実践します。

基本方針

  1. 喜ばれる温かみのある食事の提供
  2. 科学的で心ある栄養管理の実施
  3. 衛生管理の行き届いた厨房と調理で行う食事づくり

主な業務内容

1 食事の提供

  • 入院患者さんやデイケアに通所されている患者さんに、徹底した衛生管理のもと、栄養的に考慮し、更にはおいしいと感じていただける食事の提供に努めています。
  • 患者さん個々の栄養や健康状態に応じた食事を提供しています。
  • 身体状況に応じた食事量や疾病に対応した食事内容、嚥下困難がある方への刻み食やペースト食などを提供しています。
  • 季節感を感じていただけるように、季節の野菜や果物の使用、行事食などを取り入れ、病院食を楽しんでいただける工夫をしています。
【看護の日】
【土曜丑の日】
【クリスマス】
【紅葉弁当】

2 個々に見合った栄養管理

  • 入院患者さんの栄養状態について、食事摂取量や食べ方などを確認し、身体状況や検査結果などを考慮し、提供する食事内容を決定します。
  • 患者さん自らも自分の食事に関心を持ち、食事摂取の意義や適切な食べ方を理解し、実践できるよう食事の説明を行います。
  • 入院中は食事摂取量や体重の変化を確認し、検査データと照らし合わせ、提供する食事の内容を検討していきます。

3 患者栄養教育

  • 入院・外来患者さんの個別栄養指導を医師の指示のもと予約制で実施しています。
  • 医療観察病棟の患者さんに外出外泊、退院後に向けて日常生活で必要な技能を身につけることを目的に、適正な食生活について集団栄養指導を実施しています。
お問い合わせ
精神医療センター 事務局
電話番号:077-567-5001
FAX番号:077-567-5033
ページの先頭へ戻る