理念・基本方針・患者さまの権利と義務について

理念

医療・保健・福祉・介護の力を結集し、人権と環境に配慮したこころの健康を創ります

設立の理念

地域医療機関や保健所等関係機関との密接な連携と役割分担のもとに、思春期精神障害、アルコール依存症等精神障害、その他の適応障害の発生予防、治療および社会復帰援助を総合的・専門的に行い、地域ケア体制の形成を進め、県下の精神医療の拠点施設として向上を図る拠点となることを目指す。

基本方針

  • 保健・福祉を統合した科学的な医療と看護
  • 文化に根ざした患者本位の社会復帰
  • 信頼と協働による地域連携
  • 健全で効率的な運営

患者さまの権利

患者の皆様には次の権利があります

  • 最良の医療を受ける権利
  • 個人の尊厳やプライバシーが尊重される権利
  • 医療について十分な説明を受ける権利
  • 不服を申し立てて弁護士等の援助を受ける権利
  • 外部との交流を含めて、不必要な行動制限をされない権利

患者の皆様には次の義務を守っていただきます

  • 自己の健康に関する情報を提供する義務
  • 治療上のルールを守り、治療に参加する義務
  • 他の患者の医療を妨害しない義務
  • 医療費を支払う義務
お問い合わせ
精神医療センター 事務局
電話番号:077-567-5001
FAX番号:077-567-5033
ページの先頭へ戻る