教育研修制度

看護部の教育方針

滋賀県立精神医療センターおよび看護部の理念に基づき、患者・家族およびその地域社会の人々のQOLの向上を目指した安全で質の高い看護サービスを提供できる看護職員を育成する。そのために、看護職員個々の学習ニーズを尊重し、専門職業人として臨床実践能力の向上とキャリアアップを目指して、それぞれの看護職員の成長発達を支援するための教育的環境を整える。

目的

専門職業人としての資質の向上を図ること、すなわち科学的、創造的、主体的に質の高い看護が実践できるように、それぞれの成長段階に応じた教育支援を行います。

教育目標

専門職業人として確実な知識と技術・感性を磨き、より専門的な看護領域を深めるために必要な看護実践能力を高め、さらに精神科看護師として自立し自己決定できる看護師を育成します。

  1. 看護過程にそって看護を実践できる能力を育成する。
  2. リーダーシップ能力を育成する。
  3. 教育(指導)・研究能力を育成する。
  4. 自己啓発を推進する。
  5. 当センター職員として、また専門職業人としての誇りと品性を備え、責任ある行動がとれる。

クリニカルラダー

個々の看護職員が組織の目標をふまえ、各個人の能力やライフサイクルに応じて組織の支援を受けながら臨床実践能力の向上に取り組むよう、クリニカルラダーシステムを導入しています。

滋賀県立精神医療センター看護職員キャリア開発

現任教育研修

Career

新人看護師研修

新人看護師研修は、年間を通じて病院事業庁主催で県立3病院合同の研修会が開催されます。

令和2年度は、新型コロナウイルスの影響のため、合同研修会の一部を自施設で開催しています。

精神科特有の研修は、入職から年間を通じて計画的に実施しています。

精神医療センターでの看護技術研修会の様子

注射の演習
採血の演習
膀胱留置カテーテルの演習

当センターでは、新人看護師が就職後リアリティショックを起こさず、早くに職場環境に慣れ、業務がうまく遂行できるようになることを目的に、マンツーマンで教育指導を行うプリセプターシップ制を導入しています。

プリセプターによる指導風景

プリセプターの指導の様子1

CVPPP(包括的暴力防止プログラム)

病状により不穏・興奮状態にある患者さんに対して、尊厳をまもり、安全を確保しながら必要な治療や看護を提供することを目指して取り組むプログラムです。
このプログラムは、対話による介入・ディエスカレーションと、チームテクニクス、ブレイクアウェイといわれる身体的介入、心理的サポート・ディブリーフィングで成り立っています。
※ただ今、インストラクターを中心に、毎月トレーナーが訓練しています。

お問い合わせ
精神医療センター 事務局
電話番号:077-567-5001
FAX番号:077-567-5033
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る