文字サイズ

青土ダム(おおづちだむ)

青土ダム湖写真

青土ダムは、野洲川中、上流部沿いの洪水被害の軽減と河川維持用水等の確保、甲賀市への水道用水の供給、湖南工業団地への工業用水の供給のために、野洲川の上流に建設した多目的ダムです。このダムでは小水力エネルギーの有効利用を図るため、出力250kwのダム管理用発電を行っています。

ダムサイト周辺には、ダム公園や展望広場、多目的広場等を整備しており、さらに甲賀市によりレクレーション施設「青土ダムエコーバレー」および「ブルーリバーパーク」などが整備されており、ダム上端(天端)道路を含む付替県道は鈴鹿スカイラインへ続く観光コースとなっています。
ダムや周辺の釣り情報は、甲賀市土山漁協HP(外部サイトへリンク)でご覧下さい。

県内ダムの大きさ比較図

|ミニ通信誌|連絡先|ダムカード
|甲賀土木事務所ダムHP|ダムトップページ|

諸データ

青土ダムデータ
水系河川名 淀川水系野洲川
位置 滋賀県甲賀市土山町青土
地図のリンク 国土地理院地図閲覧サービス地理院地図(外部サイトへリンク)
型式 ロックフィル
目的 F・N・W・I
完成 1988年 3月
集水面積(平方キロメートル) 54.3
湛水面積(平方キロメートル) 0.62
堤高(メートル) 43.5
堤頂長(メートル) 360
堤体積(立方メートル) 660,000
堤頂標高(標高・メートル) 305
常用洪水吐き 常満クレスト(長さ50.13m×2)付き 高3m×幅5mゲートレスオリフィス 2門 高6m×幅5m ラジアルゲート付きオリフィス 1門
非常用洪水吐き 越流頂長62.19m× 2門クレスト自由越流
利水放流設備 JFGΦ900ミリ2門
洪水時最高水位[サーチャージ水位](標高・メートル) 300
平常時最高貯水位[常時満水位](標高・メートル) 292
洪水貯留準備水位[制限水位](標高・メートル) -
総貯水容量(千立方メートル) 7,300
有効貯水容量(千立方メートル) 6,600
洪水調節容量(千立方メートル) 4,100
機能維持容量(千立方メートル) 400
都市用水容量(千立方メートル) 2,100
発電容量(千立方メートル) -
堆砂容量(千立方メートル) 700
建設事業費(百万円) 18,428
予備調査 1963
実施計画調査 1966〜1973
建設事業 1974〜1987
運用管理開始年月 1988年4月

目的欄記号説明 F:洪水調節、N:既得取水の安定化・河川環境の保全、W:上水道、I:工業用水道、P:発電

Google Map 滋賀県甲賀市土山町青土

地理院地図(外部サイトへリンク)

治水計画

流量配分図/(計画高水流量と基本高水流量)

流量配分図です。計画では、かしき基準点で毎秒2400トンから2150トンに低減します。

洪水調節図

洪水調節図です。一定率・一定量放流方式です。

一定率一定量方式解説

野洲川流域図

野洲川の流域図です。ダムの集水面積は54.3平方キロです。

貯水池容量配分図

容量配分図です。利水容量は250万トンで治水容量が410万トンです。
おおづちダムの過去の貯水率の低下状況です。平成六年が最低水位に接近し最大の渇水年でした。

現在のダムの貯水位などは下記リンクをクリックしてください。

標準断面図

標準断面図です。中央コア型ロックフィルダムです。

周辺写真

左岸からみた堤体写真です。昭和63年の試験湛水のときの満水写真です。

【堤体(試験湛水時満水写真昭和63年3月)】

下流から見た堤体の写真です。
【堤体】
ダム湖の公園、ブルーリバーパークの写真です。
【ブルーリバーパーク】
ダム左岸のエコーバレー内のオートキャンプ場写真です。
森と湖に親しむ旬間での魚つかみの写真です。

【森と湖に親しむ旬間:魚つかみ】

あいの土山マラソンの写真です。

【あいの土山マラソン】(財)あいの土山文化体育振興会へ

案内図

青土ダム管理事務所
(滋賀県甲賀土木事務所河川砂防課ダム管理担当)
〒528-0221甲賀市土山町青土151-4
TEL.0748-66-0294、FAX.0748-66-1585

(財)土山町緑のふるさと振興会の「青土ダムエコーバレィHP」に掲載されている
青土ダム周辺レクリェーション施設の案内図(外部サイトへリンク)

おおづちダム案内図です。国道1号から曲がって約4キロメートルほどです。

お問い合わせ

滋賀県土木交通部流域政策局水源地域対策室
電話番号:077-528-4170
FAX番号:077-523-3613
メールアドレス:suigen@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。