文字サイズ

がん情報しが

滋賀県のがんに関する情報を集めた、
がん情報ポータルサイトです。

がんとともに生きる

がん相談・緩和ケア

がん治療をはじめるが将来子どもを持ちたい

治療の副作用で子どもができにくくなると思っていませんか?がん治療前の精子・卵子・卵巣保存により、がん治療後に妊娠・出産の可能性を残せます。
滋賀県では、43歳未満の方を対象に、妊孕性(にんようせい)温存治療費の一部助成を行っています。

令和3年4月1日妊孕性温存治療終了分から、厚生労働省の研究事業の開始に合わせて、滋賀県でも新しい助成事業を実施予定です。申請についてはしばらくお待ちください。

  • 妊孕性(にんようせい)温存とは?相談先は?リーフレットをご覧ください。

がん妊孕性(にんようせい)温存治療

お子様を望む方が希望をもってがん治療に取り組むために

まずはがん治療のご自身の担当医やがん相談窓口にご相談ください

相談先

滋賀県がん患者妊孕性温存治療助成事業【令和2年度内に治療が終了された方の申請書類です】

 がん患者であって、精子・卵子・受精卵・卵巣組織凍結等の採取、凍結保存にかかる妊よう性温存治療を受けられた場合、温存治療日の年齢が43歳未満の方に対して、お1人1回のみ医療保険適応外分の治療費の一部助成が受けられます。治療によって助成の上限額が違いますので下記に添付の実施要綱をご確認ください。令和2年度内に妊孕性温存治療が終了された方の

 令和2年4月1日から令和3年2月28日に精子・卵子・受精卵・卵巣組織凍結等の治療が終了している方は、令和3年3月31日までに県庁に申請してください。4月1日以降は受け付けません。

 令和3年3月1日から令和3年3月31日に精子・卵子・受精卵・卵巣組織凍結等の治療が終了された方は、令和3年4月30日までに県庁へ申請してください。5月1日以降は受け付けません。

 令和3年4月1日以降に治療が終了される方は、厚生労働省の事業「小児・AYA世代のがん患者等の妊孕性温存療法研究促進事業」の実施を滋賀県でも予定しています。そのため申請書類を全て変更しますので以下の書類は使用できません。

 がん治療等を受けられる医療機関、妊孕性温存治療を受けられる医療機関に制度が整い次第、案内しますので、申請についてはお待ちください。令和3年4月1日以降に治療が受けられた方は令和4年3月31日まで申請を受け付ける予定ですので、妊孕性温存治療とがん治療を安心して受けてください。

申請に必要な書類

  1. 申請書類(下記に添付の様式3種類をダウンロードして利用して下さい)・【様式1】申請書・【様式2】証明書(生殖医療機関)・【様式3】証明書(がん治療医療機関)
  2. 温存治療日に滋賀県に居住していたことを証明する書類(住民票等で申請日から3か月以内のもの)
  3. 振込口座通帳のコピー(口座番号・支店番号・名前のわかるページ)
  4. 注意:治療をされた方が未成年の場合は、受診者と申請者との続柄(父母等)がわかる住民票等を取得して下さい。

申請先

  • 滋賀県庁健康寿命推進課まで郵送してください
  • あて先:〒520-8577大津市京町四丁目1-1滋賀県健康寿命推進課がん・疾病対策・母子保健係

皆様の声をお聞かせください。

しがネット受付サービスはこちら

このHPをご覧になった感想をお寄せください。

お問い合わせ
健康医療福祉部 健康寿命推進課
電話番号:077-528-3655
FAX番号:077-528-4857
メールアドレス:eg0002@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。