文字サイズ

流域治水政策室 業務概要

滋賀県流域治水の推進に関する条例

平成26年2月滋賀県議会定例会において、滋賀県流域治水の推進に関する条例(平成26年議第82号)が賛成多数で可決され,平成26年3月31日に公布されました。

仕事と役割

流域治水政策室では、流域治水政策に関する調査・企画および調整の業務のほか、水防関係業務、公共土木施設の災害復旧に関する業務を行っています。

滋賀の水防ページへ(内容は雨量水位情報システム、浸水想定区域図、水防計画、水防訓練など)

災害復旧事業の紹介ページ

イラスト1

流域治水政策室の組織目標

(これまでの川の中の対策のうち、河川改修は河川・港湾室、ダムは水源地域対策室が所掌しています。)

流域治水政策とは

気候変動等による外力の増加(降雨特性の変化)や厳しい財政状況、ライフスタイルの変化に伴う地域防災力の低下など、近年の治水上の課題に対応するため、

 どのような洪水にあっても、(1)人命が失われることを避け(最優先)、(2)生活再建が困難となる被害を避けることを目的として、自助・共助・公助が一体となって、川の中の対策に加えて川の外の対策を、総合的に進めていく治水政策です。

イラスト2

流域治水政策の基礎情報である想定浸水深(地先の安全度マップを公表しました。


滋賀県では、流域治水政策の道しるべとして、

 「滋賀県流域治水基本方針-水害から命を守る総合的な治水を目指して -」を策定しました。

また、流域治水基本方針の策定にあたっては、流域治水検討委員会で検討を行ってきました。

水害に強い安全安心なまちづくり推進事業

宅地嵩上げ浸水対策促進事業

避難場所整備事業

コンテンツ一覧

出前講座

  • 出前講座できます。詳しくは流域治水政策室までお問い合わせください。
  • 出前講座の実績

流域治水シンポジウム

調査

地域防災力に関するアンケート調査

  • 県内の自治会を対象に調査を実施しました。

豪雨災害に関する意識について

県政モニターの皆さんを対象に「豪雨災害に関する意識」についてアンケート調査を実施しました。

お問い合わせ

滋賀県土木交通部流域政策局流域治水政策室
電話番号:077-528-4291
FAX番号:077-528-4904
メールアドレス:ryuiki@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。