「うぉーたんの自然体験プログラム」ってな〜に?

ねらいは?

このプログラム集は、幼児期における身近な自然体験を通じて豊かな感性を育み、いのちの尊さを感じとることや自然と人間とのつながりを意識できるようにすることをねらいとしています。
そうした意識のめばえから、地域の自然を大切に思う気持ちや環境保全のために自ら考え行動する力(生きる力)を培っていきます。

内容は ?

このプログラム集は、幼児(3〜6歳児)を対象としており、幼児を対象とした自然体験学習の指導者(支援者)にご利用いただくために作成されています。
自然体験を通じて、人間が地球規模の大きなつながりの環の中で生きていることへの気づきを促すための工夫や指導者の姿勢、具体的な取組内容(プログラム)を紹介しています。

特徴は?

プログラム集づくりのプロセスが滋賀独自!
平成15・16年度に県内の24箇所のフィールドで延べ306人の保育所・幼稚園の先生たちが実践された内容をベースに、専門家の意見を反映して作成しました。また、平成17年度、18年度にも新たなプログラムを追加しています。

地域に応じたプログラムづくりの参考書!
現時点で58種類のプログラムを紹介しています。これらを参考にして取り組まれる各所・園の地域特性を生かしたオリジナルのプログラムづくりや実践の充実につなげていきます。

冊子ではなく加除式のファイル!
新たに検討したプログラムやオリジナルのプログラムを自由に追加することができます。

県では、このプログラム集をきっかけとして、地域特性を生かした独自性あふれる自然体験学習の機会を増やしていくため、県内の幼稚園・保育所を中心にプログラム集の活用および実践の普及を図っています。
→指導者実践学習会の様子

<お知らせ>

平成19年度以降に実施したプログラムは、下記からダウンロードできます。


平成19年度以降の指導者実践学習会で、参加者が企画し、公開保育で実践した内容をもとに、プログラムを追加しました。今後追録を印刷して配布する予定はありませんが、下記からデータをダウンロードすれば、お手持ちのファイルに追加してご利用いただけます。

  • 追加プログラムをまとめてダウンロード

平成19年度・20年度実施分

平成21年度実施分

●「うぉーたんの自然体験プログラム」 資料編(PDF形式で掲載しています。)

●プログラム一覧(PDF形式で掲載しています)

「な〜んだ?袋(ボックス)」のアレンジ「オータムビンゴ」のアレンジ〜自然物ビンゴ〜

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部環境政策課
電話番号:077-528-3354
FAX番号:077-528-4848
メールアドレス:ecolo@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」