文字サイズ

認知症施策の推進について

平成27年1月に厚生労働省を含む関係12府省庁が共同で策定した「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」(外部サイトへリンク)では、認知症の人が住み慣れた地域の良い環境で自分らしく暮らし続けるため、7つの柱に沿って、認知症施策を総合的に推進してきました。令和元年6月18日に、「認知症施策推進大綱」が認知症施策推進関係閣僚会議でとりまとめられ、認知症の発症を遅らせ、認知症になっても希望を持って日常生活を過ごせる社会を目指し、認知症の人や家族の視点を重視しながら、「共生」と「予防」を車の両輪として施策を推進していくとされています。
滋賀県においても、「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」を踏まえ、レイカディア滋賀高齢者福祉プラン(平成30年3月改定)において、

目指す姿
誰もが認知症の有無に関わらず、住みたい・住みやすい、やさしい地域で、意思を尊重され、地域の人々と交わりながら、その人らしく安心して暮らし続けている。

とし、認知症とともに生きるための「そなえ」、「つながり」のある地域づくり、専門職による実践の「磨き上げ」などの取組方針のもと様々な認知症施策を推進しています。

1.認知症の人が地域の中で安心して暮らせる社会の実現

相談体制の整備について

地域で支える認知症施策の推進について

若年認知症施策の推進について

2.早期発見・早期対応により認知症の重度化を予防する体制の構築

医療体制の整備について

医療従事者向け研修

介護人材の育成・ケアの向上について

3.高齢者の権利擁護が積極的に展開される社会の実現

認知症情報室

認知症の早期発見・早期対応の取り組みの一環として、認知症についての知識や相談・受診の情報についてご紹介します。

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。