文字サイズ

若年認知症施策の推進について

若年認知症とは、65歳未満で発症した認知症のことです。滋賀県内には若年認知症の方が約390人(令和2年時点)いると推計されています。
若年認知症は、医学的に高齢者の認知症と違いはないと言われていますが、働き盛りの方が認知症を発症するということもあり、本人が担っている家庭的な役割や社会的な役割は大きく、若年認知症の発症を機に、経済的な問題だけでなく、生活の維持や就労、家庭への影響も大きく深刻となることが考えられます。また、子どもの育児や親の介護等と重なる世代でもあり、問題が更に深刻となる可能性もあります。
一方で、社会的な支援や制度は十分に整っていない現状があり、本県では、こうした状況を踏まえ、少しでも若年認知症の人や家族が住み慣れた地域で安心して生活していただけるよう、様々な若年認知症施策を推進しています。

若年認知症コーディネーターについて

滋賀県では、若年認知症の人のニーズに合った関係機関やサービスの担当者との調整役となる「若年認知症コーディネータ―」を、以下の認知症疾患医療センターに配置しています。

●瀬田川病院認知症疾患医療センター(外部サイトへリンク)

●豊郷病院認知症疾患医療センターオアシス(外部サイトへリンク)

若年認知症支援者見える化事業の実施について

若年認知症の支援体制に関して一定の要件を満たした事業所について、関係機関への情報提供や県ホームページに公開するなどを通して、支援者の見える化を推進します。
詳しくは以下のページをご覧ください。
若年認知症支援者見える化事業の実施について
 

若年・軽度認知症居場所づくり支援事業費補助金について

滋賀県内で若年認知症の人や軽度認知症の人が、地域とのつながりや同じ境遇にある仲間、支援者との出会いにつがなる居場所を設置・運営しようとする事業者に対して、居場所の創設に要する経費について、予算の範囲内で補助金を交付します。

詳細は以下のページをご覧ください。

若年・軽度認知症居場所づくり支援事業費補助金

若年認知症に関する出前研修実施先の募集について

滋賀県では、若年認知症施策の一環として、県内の事業所に、認知症の専門医や認知症サポート医等が出向いて、若年認知症に対する理解を深めていただく出前研修を、下記のとおり実施しておりますので、受講を希望される事業所がございましたら、ぜひお申し込みください。

若年認知症リーフレット・パンフレット集

若年認知症の人やその家族についての県民や企業・関係機関等の理解を深め、連携を強化するための啓発リーフレットやパンフレットを掲載しておりますので、ご活用ください。

なお、情報は作成当時のものですので、相談窓口が追加や変更されている場合があります。詳細は滋賀県健康医療福祉部医療福祉推進課までお問い合わせください。

若年認知症ってなに?

「認知症の理解とケア」

rikai1

若年認知症支援マニュアルを作成しました (平成28年度改訂)

若年認知症を少しでも理解して、自分たちにできることをしようと考えてくださるみなさまへ、そして、みなさまから、本人と家族の方に必要な情報が少しでも速くお届けできることを願い、若年認知症の方が受けられる支援について「若年認知症支援マニュアル」としてまとめました。
若年認知症支援マニュアル(平成28年度改訂版)

shienmanyuaru

ご相談等に活用できる「つながるシート」を作成しました

このシートは、滋賀県若年認知症コールセンターおよび滋賀県軽度認知症サポートセンター等において、主に若年認知症や軽度認知症の本人、家族からの相談や、その方たちに関わっておられる医療機関、介護施設の皆さま等からの相談、連絡を目的としたシートです。
若年認知症や軽度認知症に関わらず、高齢者認知症全般についてもご活用いただけますので是非ご利用ください。

tunagaru

若年認知症実態調査を実施しました

若年認知症の方及び家族の生活状況や診断の状況、利用しているサービスや介護の状況等を含めた実態を把握することにより、今後の本県における若年認知症施策のための基礎資料とし、必要な支援策を検討することを目的として若年認知症実態調査を実施しました。

若年認知症に関する県内企業アンケートを実施しました

若年認知症は、働き盛りの年代で発症し、特に職場における対応が重要となっているため、県内の事業所の現状を把握し、サポート体制の構築に向けた基礎資料とすることを目的として、企業アンケートを実施しました。

若年認知症地域ケアモデル事業の実施について

県では平成24年度から平成26年度にかけて、若年認知症の人と家族を身近な地域で支えられるよう、若年認知症就労継続支援を中心とした若年認知症地域ケアモデル事業(補助事業:医療法人藤本クリニック))を実施し、若年認知症の人がはたらく「仕事の場」の整備や、若年認知症の人やその家族の支援について適切なサービスのあり方を検討しました。
3年間の取組についての報告書は以下のとおりです。
滋賀県若年認知症地域ケアモデル事業報告書

  • 若年認知症地域ケアモデル事業の取り組み(補助事業:医療法人藤本クリニック)

また、平成27年度からは、若年認知症の人がはたらく「仕事の場」を新たに3カ所拡大しました。

詳細については以下のリンクをご覧ください。なお、最新の情報につきましては、滋賀県健康医療福祉部医療福祉推進課までお問い合わせください。

お問い合わせ
滋賀県健康医療福祉部医療福祉推進課 
電話番号:077-528-3522
FAX番号:077-528-4851
メールアドレス:ed00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。