文字サイズ

滋賀県消費生活センター

各種ご案内

クーリング・オフバナー
窓口バナー
トラブル事例バナー
消費者教育バナー
ツイッターバナー(外部サイト)

ドコモ口座を利用した不正な預金引き出し

株式会社NTTドコモが提供する「ドコモ口座」において、このサービスを不正に利用する者が、なんらかの方法で入手した他人の口座番号や暗証番号を使って、他人の預金口座から預金を不正に引き出したことがわかりました。
この不正引き出しは、被害者本人がドコモ口座を利用していなくても、ドコモ口座にひも付け可能な連携銀行に口座を持っていれば被害にあう可能性があります。
連携銀行に口座を持っている場合は預金通帳の履歴を確認し、万一、銀行口座に身に覚えのない取引があった場合には当該銀行へご相談ください。

連携銀行はこちら(外部サイト:ドコモ口座HP)

「消費生活フェスタ2020」の開催について

県民の皆様に消費者問題に関する知識と関心を深めていただくとともに、消費者被害防止の取組を推進するため、滋賀県消費者被害防止共同キャンペーン(9月~11月)の一環として「消費生活フェスタ2020」を開催します。

【開催概要】
(1)消費生活川柳の募集
消費生活の中での体験、想い、エピソード等を楽しく表現した川柳を募集します。入賞者には素敵な賞品をご用意しています。

(2)バーチャルスタンプラリーの実施
特設サイトで消費生活に関するクイズにチャレンジしていただき、5問中3問以上正解した方に、抽選で100名様にオリジナルマスクケースをプレゼントします。

(3)消費生活パネルキャラバン
悪質商法の手口と対処法など消費生活に関するパネルを県内市町で巡回展示します(計14か所)。

詳しい内容はこちらでご確認ください。

令和元年度の消費生活相談の状況

令和元年度に県内の消費生活相談窓口に寄せられた消費生活相談の状況がまとまりました。

相談の特徴は次のとおりです。

高齢者の相談は引き続き高水準で推移
若者の消費生活トラブルが増加
定期購入に関する相談が急増、過去最多
〇「モノなしマルチ商法」に関する相談が増加
〇新型コロナウイルスの影響による消費者トラブルの増加

滋賀県消費生活センター開所日変更のお知らせ

令和2年7月から滋賀県消費生活センターの開所日を下記のとおり変更します。

【変更前:令和2年6月まで
月曜日~日曜日9時15分~16時(祝日、年末年始を除く)

【変更後:令和2年7月から】
月曜日~土曜日9時15分~16時(祝日、年末年始を除く)

日曜日は閉所します。ただし、消費者ホットライン「188(いやや)」は、国民生活センターの休日相談につながります。なお、インターネット消費生活相談は引き続き受け付けます。

「「インターネットのこわさ」ってなんだろう」を作成しました

学校の休校等により、小中学生からインターネットを利用する機会が増えています。インターネットは便利な反面、人間関係や契約などのトラブルにつながることもあります。
そこで、インターネットトラブルを未然に防ぐための動画を作成しましたので、ぜひご覧ください。

動画youtube:「インターネットのこわさ」ってなんだろう~正しく知って、使いこなそう!~)

また、学校等で活用いただく場合は、パワーポイント教材とワークシートも提供しています。

新型コロナウィルス感染症対策についてのお願い

人と人との接触機会を減らすため、できるだけご相談は、お電話にてお願いいたします。

滋賀県消費生活センターTEL0749-23-0999(相談専用)
(相談受付:月曜日~土曜日の9時15分~16時(祝日、年末年始を除く))

来所される場合は、マスクの着用をお願いします。入室時には体温を測定させていただきます。発熱等の風邪症状がある場合は来所をご遠慮ください。ご協力をよろしくお願いします。

また、インターネットによる消費生活相談の窓口も開設しています。パソコンやスマホからご相談いただけます。
インターネットによる消費生活相談についての詳細はこちらをご覧ください。

Zoom消費生活オンライン相談を緊急実施します!

新型コロナウィルス感染症の拡大を防止するためパソコン・スマホのZoomアプリを使って自宅からの「オンラインでの対面相談」を緊急実施しています。
感染の拡大を防ぐための取組についてご協力をよろしくお願いします。(電話・インターネット相談については、従来どおり行っています。)

利用方法についてはこちらをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症関連のお知らせ

「これが架空請求はがきです!!」くれぐれもご注意を

架空請求はがきチラシ画像

 県内で、法務省の関係機関等からの架空請求はがきが届いたという相談が相次いでいるため、実際に届いている架空請求はがきの内容を記載したチラシを作成しました。
 心当たりのない請求には、決してこちらから連絡せず、無視してください。

平成30年11月追記

架空請求封筒

 ハガキによるものの他、最近【封書】による架空請求が登場しています。
 封書の中身はハガキによる架空請求の内容と似ている場合もあります。ご注意ください。

令和元年12月追記

圧着式はがきによる架空請求はがきの例(画像)

2つ折りの圧着式ハガキによる架空請求の相談が寄せられています。

実在する債権回収会社を名乗っていますが、当該債権回収会社はそのようなハガキを送っていないとのことです。

心当たりのない相談は、相手に連絡せず、無視してください。

判断が難しい場合は、消費生活センターにご相談ください。

情報NOW!
ご注意NOW!
今、県内で特に相談や被害が多い手口について、対処方法をご紹介しています。

アダルトサイトの請求画面がパソコン画面に張り付いて取れない!

【相談事例】

アダルトサイトを見ていたところ、年齢確認の質問など、2~3の質問があり、「はい」をクリックして進んだ。突然画面が切り替わり、「有料アダルトサイトへのご入会ありがとうございます」と表示された。99,800円を支払うようにとの請求画面が表示され、電源を切っても、再度電源を入れるとまた請求画面が出る。どうすればよいか。(30歳代・男性)

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

相談専用窓口(月曜日~土曜日9時15分から16時00分まで、祝日・年末年始は除く)
滋賀県庁 消費生活センター
電話番号:0749-23-0999
ネット相談も受け付けています
相談以外のお問い合わせ
滋賀県庁 消費生活センター
電話番号:0749-27-2234
FAX番号:0749-23-9030
メールアドレス:cd30@pref.shiga.lg.jp
(上記アドレスでは相談は受け付けておりません。相談専用窓口をご利用ください)