マンモグラフィ

マンモグラフィ検査とは、乳腺疾患(乳腺腫瘤、乳がんなど)を早期発見できる検査です。

当院のマンモグラフィ検査装置

Mammomat Inspiration (シーメンス社)

マンモグラフィー検査装置

当院のマンモグラフィ装置の特徴

  1. フルデジタル化による短い撮影時間

    マンモグラフィは乳房を複数の方向から撮影します。撮影後10秒程度で画像が表示されるため1枚ずつ確認しながら検査を進めることができます。

  2. 自動圧迫調整による画像の最適化

    マンモグラフィでは正確な診断のために乳房の圧迫が必要です。この装置では圧迫する力を自動で調節できるため、必要以上の力をかけずに撮影することができます。また適切な圧迫により被ばく線量も低減しています。

マンモトーム生検

マンモトーム生検とは、種々の検査(視診、触診、エコー、マンモグラフィ)で疑わしい病変が発見されても良性か悪性かはっきり診断がつかない場合に、直接組織を採取し診断をつける組織検査です。

場所の特定のために何回かマンモグラフィ撮影を行いながら、局所麻酔下で3ミリ程度の太さの注射針のようなものを使用し小さい組織を採取します。

マンモトーム生検の概要

局所麻酔下で、専用の注射針のようなものを刺して組織を吸い取ります。

  • 傷痕は5ミリ以下の小さな傷です。
  • 縫合の必要はありません。
  • 乳房の変形もありません。
  • 生検時の痛みはほとんどありません。(局所麻酔使用)
  • 1時間程度の検査で入院も不要です。

医師、診療放射線技師、看護師がチームで検査を担当します。

実績

また、マンモグラフィ検診施設画像認定を取得しており、画質や被ばく線量管理も行っております。乳房撮影認定技師数は17名となり、乳腺外科医・放射線診断医・病理医・検査技師と共に乳腺画像カンファレンスを実施し、高い知識、技術をもって実務にあたっています。

2016年11月から乳腺ドック検診も開始されました。毎週木曜に4枠設けられており、女性認定技師がマンモグラフィ撮影を担当しています。

乳房撮影件数

乳房撮影件数

各種検査