文字サイズ

新型コロナウイルス感染症に関連した人権侵害の防止について

 新型コロナウイルス感染症に関連して、感染者や医療従事者、その家族等に対する誤解や偏見に基づく差別を行うことは許されません。

 誰もが感染者、濃厚接触者になる可能性があります。自分や家族がそのような立場におかれたときにどのような気持ちになるか考えて行動しましょう。

新型コロナウイルス感染症に関連した人権侵害防止のために滋賀県が行っている情報発信、啓発一覧

プラスワン

◆びわ湖放送「テレビ滋賀プラスワン」

 2020年5月31日放送:「こんな時こそ思いやりを持って、冷静な行動を」コロナに負けるな!(YouTubeへリンク)

テレビ滋賀
コロナに負けるな
感染症広告

 人権啓発テレビスポット広告(11月30日~12月31日):ジンケンダー「新型コロナ感染症人権啓発・相談窓口編」(YouTubeへリンク)

 ※本作は、 news zero(日本テレビ)でも紹介されました!

ラジオ広告

「新型インフルエンザ等対策特別措置法等の一部を改正する法律」における差別的取扱い等の防止に関する規定の周知について

差別的取り扱いの事例
差別的取り扱い事例と法改正内容

「新型インフルエンザ等対策特別措置法等の一部を改正する法律」(令和3年法律第5号。以下「改正法」という。)については、2月13日に施行されました。この改正法において、新たに差別的取扱い等の防止に関する規定が設けられました。

詳しくは下記内閣官房からの別添通知をご覧ください。

お問い合わせ
滋賀県総合企画部人権施策推進課
電話番号:077-528-3533
FAX番号:077-528-4852
メールアドレス:cf00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。