文字サイズ

デジタル・トランスフォーメーション

DXで変わる、滋賀の未来

10年前、スマートフォンが主流ではなかったように、30年前、通信手段はメールよりFAXだったように、デジタル技術によって、私たちの生活は、どんどん変わっていきます。遠くない未来、みなさんの生活がより豊かに便利になるように、滋賀県はDXを推進していきます。

DXとは?

デジタル・トランスフォーメーション(Digital Transformation)の略。デジタル技術により、生活やビジネスモデルに変化を起こし、豊かで快適な生活を実現していくこと。

滋賀県DX官民協創サロン

「滋賀県DX官民協創サロン」は、滋賀県ICT推進戦略に基づき、県、県内市町および事業者のDXに向けた積極的な取組と、DXについて高い専門性を有する民間企業・団体等による支援を結びつける仕組みです。

このサロンでは、県等におけるDXに向けた取組に対し、以下のことを行います。

  • 県等による事業・施策の検討、立案の取組を支援する民間企業、事業者、団体等(滋賀県DX協創パートナー)の募集、選定、登録
  • パートナー企業群に関する登録情報の県等への提供
  • 県等による取組とパートナー企業群による支援のマッチング
  • パートナー企業群による支援を活用する県等のサポート
  • その他、デジタルトランスフォーメーションの推進に関する情報の収集および提供

滋賀県DX官民協創サロンの運営主体について

滋賀県DX官民協創サロンは、滋賀県DX官民協創サロン運営協議会が運営しています。この協議会は、以下の団体で構成されています。

  • 滋賀県
  • 株式会社滋賀銀行
  • 株式会社関西みらい銀行

【県内に事業所をもつ法人・団体・個人事業主限定】 DX推進に向けたご相談を承ります

滋賀県DX官民協創サロンでは、県、県内市町および事業者の様々なDX推進に向けた積極的な取組に対して、技術的な支援およびコンサルティング等による支援を行います。

お問合せは「しがネット受付サービス」を通じて承ります。なお、お送りいただいた内容滋賀県が管理するほか、本協議会の構成員である株式会社滋賀銀行、株式会社関西みらい銀行へ提供しますので、ご了承ください。お問合せ内容に応じて担当者が対応いたします。

  • ※ ご相談の受付は県内に事業所をもつ法人・団体・個人事業主に限ります。県外からの受付は行っておりませんのでご了承ください。
  • ※ 事前予約せずサロンにお越しいただくことはできません。
ご相談フォーム(しがネット受付サービス)

滋賀県DX協創パートナーを募集しています

滋賀県DX官民協創サロンでは、県、県内市町および事業者のDX推進に向けた積極的な取組に対する、技術的な支援およびコンサルティング等による支援が可能な企業、団体および個人等を「滋賀県DX協創パートナー」として登録し、県、県内市町および事業者とのマッチングを行います。

滋賀県DX官民協創サロンではこの「滋賀県DX協創パートナー」の募集を行っています。以下規約に基づき、ぜひ申請ください。

パートナー登録申請に必要なもの
  • 法人の場合は「法人番号」が必要です。団体・個人の場合は「滋賀県DX協創パートナー登録申請に係る、滋賀県税に関する誓約書 兼 調査に関する同意書」または都道府県税の課税証明書もしくは非課税証明書が必要です。
  • 事業概要に関する資料または事業概要が記載されたウェブサイトのURLをご用意ください。
  • 支援内容(テキスト)および関連資料(添付可)をご用意ください。
  • 「滋賀県DX協創パートナー規約」に違反していないことへの誓約、および滋賀県暴力団排除条例の趣旨にのっとる誓約、個人情報の取扱いに関する同意が必要です。
滋賀県DX協創パートナー規約等(申請前にダウンロードのうえご確認・ご記入ください)
パートナー申請フォーム(しがネット受付サービス)

滋賀県DX官民協創サロンにおける個人情報の取扱いについて

DX推進に向けたご相談やパートナー登録申請、その他お問合せ等によって滋賀県DX官民協創サロン運営協議会事務局(滋賀県総合企画部情報政策課)あてお送りいただいた個人情報は、滋賀県が管理するほか、本協議会の構成員である株式会社滋賀銀行、株式会社関西みらい銀行へ提供します。

お問い合わせへの回答・資料送付、パートナー登録に関する手続、マッチング、当サロンに関するご案内以外の目的には使用いたしません。また、お問い合わせいただいた方の許諾なく第三者に開示することはありません。

滋賀県DX官民協創サロンに関するお知らせ

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。