文字サイズ

水質事故発生に備えた訓練を実施してきました

山間部にある全国各地のダムでも、自動車の転落事故や不法投棄犯罪による油流出などいわゆる水質事故が発生しています。所管ダムではこうした不意の事態に備えるため応急資材の確保に努めてきましたが、職員の非常時対応能力の向上を図るため、2005年より主としてオイルフェンスやオイル吸着材などによる油汚染拡散防止訓練を実施してきました。
訓練は会場となるダムに県下の所管ダム管理担当者が集合し、順に交代しながら対応作業を経験し習得していく実務実践的な方法によっています。
●2005年度姉川ダムで操船訓練、オイルフェンス展開訓練実施(7月25日)

姉川ダムでの訓練開始です
寺谷大橋付近でオイルフェンスの展開訓練をしました
  • 2006年度日野川ダムで説明会、操船訓練、オイルフェンス類展開訓練実施(10月16日)
日野川ダム会場で説明会講習を受けました
日野川ダムでの実地訓練前の講師からの説明
日野川ダム湖でのオイルフェンス展開です
日野川ダム上流地点でのオイル吸着拡散防止材の設置訓練です
  • 2007年 度余呉湖での操船訓練、オイルフェンス展開訓練実施(10月29日)
余呉湖でのオイルフェンス展開訓練です
余呉湖畔でのオイルフェンス回収後の様子です

|ダムHPのサイトマップ|ダムのトップページへ|