文字サイズ

食品衛生責任者制度・講習会

制度の概要
食品衛生責任者制度
はじめに 滋賀県食品衛生基準条例にもとづき、営業施設には食品衛生責任者を設置しなければなりません。
任務 食品衛生責任者は、次の業務を行う。1.施設、食品、添加物等の取扱いに関する衛生管理 2.適正な表示の確認 3.食品衛生に関する新しい知見の習得および定期的な講習会の受講 4.従業員の教育訓練と健康管理 5.営業者への進言および食品衛生推進員に対する協力 6.その他食品衛生上の危害発生防止に関する事項
資格 食品衛生責任者は、その営業施設内で業務に従事している者で、次のいずれかに該当する者 1.食品衛生法に規定する食品衛生管理者または、これと同一の資格を有する者 2.栄養士、調理師、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者、船舶料理士 3.食品衛生責任者養成講習を修了した者
届出 営業者は、食品衛生責任者を設置または変更したときは、速やかに保健所長に届け出ること。食品衛生責任者設置(変更)報告書(PDF:4KB)(ワード:38KB)
掲示 食品衛生責任者を設置したときは、施設の見やすい場所にその氏名を掲示すること。
資格認定講習会の案内

滋賀県では、食品衛生責任者養成講習として次の講習会を指定しています。

名称 滋賀県食品衛生責任者資格認定講習会

主催 一般社団法人滋賀県食品衛生協会

開催日(日程)内容申し込み・問い合わせ先 一般社団法人滋賀県食品衛生協会ホームページ

Top Page

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部生活衛生課食の安全推進室
電話番号:077-528-3643
FAX番号:077-528-4861
メールアドレス:el00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。