犯罪被害者総合窓口

本県における犯罪被害者に対する支援については、平成15年に制定した「なくそう犯罪」滋賀安全なまちづくり条例に基づく基本方針において5つの基本的方向の1つとして「犯罪被害者や弱者の支援」を掲げ、各部局が連携して取り組みを進めてきたところです。
その後、平成16年に制定された犯罪被害者等基本法では、犯罪被害者支援施策の基本理念や地方公共団体等の責務が規定され、翌17年には犯罪被害者等基本計画が閣議決定され、犯罪被害者支援のための具体的施策が示されました。
近年、様々な犯罪が後を絶たず、県民誰もが犯罪被害者となる可能性があり、さまざまな課題を抱える犯罪被害者の方々が一日も早くもとの日常生活に復帰していただけるよう、「犯罪被害者総合窓口」を県庁県民活動生活課内に設置し、平成19年7月2日から業務を開始しました。
犯罪被害者の方にとって、警察との連携の下により早い段階から適切なサポートができるよう平成21年4月1日から「犯罪被害者相談窓口」と県警の「犯罪被害者サポートテレフォン」の運営を民間支援団体であるNPO法人(平成30年4月から公益社団法人)おうみ犯罪被害者支援センターに委託しました。
(犯罪被害者とは犯罪等によって害を被った者およびその家族または遺族をいいます。)

【犯罪被害者総合窓口の概要】

場所

公益社団法人おうみ犯罪被害者支援センター内

(大津市京町4丁目3番28号 滋賀県厚生会館1階)

受付時間月曜~金曜(年末年始、祝日を除く)、10時~16時

支援内容等

各種支援施策に関する情報の提供 被害者の状況に応じて、警察、福祉、教育などの関係機関および関係団体などへの橋渡しサポート

※犯罪被害者支援アドバイザーが電話または面接によってお話をお聞きします。
電話番号

077−525−8103

総合窓口のほかにも犯罪被害の内容等に応じて様々な窓口があります。→各種窓口

法令等
犯罪被害者等基本法
犯罪被害者等基本計画

リンク
閣府のホームページ
滋賀県警察本部のホームページ
認定NPO法人おうみ犯罪被害者支援センター

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」