文字サイズ

外国人介護福祉士候補者受入施設学習支援事業費補助金について

経済連携協定(EPA)に基づき入国する外国人介護福祉士候補者が円滑に就労・研修できるように、候補者を受け入れた個々の施設における日本語学習および介護分野の専門学習の支援を行います。

EPAに基づく介護福祉士候補者の受入れ事業については、公益社団国際厚生事業団(JICWELS)のサイトを参照ください。
公益社団国際厚生事業団(JICWELS)(外部サイトへリンク)

実施主体

EPAに基づき入国する外国人介護福祉士候補者の受入施設

事業内容

受入れ施設における次に掲げる経費を助成します。

  1. 就労中の外国人介護福祉士候補者の日本語学習(日本語講師の派遣、日本語学校への通学等)、介護分野の専門知識の学習(民間業者が実施する模擬試験や介護技術講習会への参加等)および学習環境の整備に要する経費(基準額:候補者1人あたり235千円)
  2. 就労中の外国人介護福祉士候補者の喀痰吸引等研修の受講に要する経費(基準額:候補者1人あたり95千円)
  3. 外国人介護福祉士候補者の研修を担当する者の活動に要する経費(基準額:1施設あたり80千円)

要綱・様式

お問い合わせ
健康医療福祉部 医療福祉推進課 介護・福祉人材確保係
電話番号:077-528-3597
FAX番号:077-528-4851
メールアドレス:ed00@pref.shiga.lg.jp