文字サイズ

(サ高住)登録後の各種手続

1.事業開始届

サービス付き高齢者向け住宅事業登録後、事業を開始したときは、登録事業開始届出書を電子メールまたは郵送等で提出してください。

申請様式

2.登録事項等の変更

登録内容に変更があった場合は、変更日から30日以内に、情報提供システムで作成する変更届出書(→作成はこちらから)と添付書類(変更事由別添付書類一覧で必要となる添付書類をご確認ください。)および登録の変更に係るチェックリストを電子メールまたは郵送等(郵送の場合は2部)でご提出ください。ただし、登録システムに表示されない登録内容の変更(契約書の条文変更など)については、下記のワード様式の変更届出書に変更内容を記入してください。(関連)3.規模、構造、設備の変更と4.地位承継も確認ください。

申請様式

3.規模、構造、設備の変更

変更手続は、原則として変更があってから30日以内に県に変更届を提出いただいておりますが、建物の規模、構造、設備の変更を伴う変更を行う場合は、原則として、変更を行う前に県の事前審査を受けていただく必要があります。手続きの流れとしては、1.事前審査 → 2.サービス付き高齢者向け住宅改修等計画事前審査済書の交付 → 3.住宅の改修工事 → 4.変更届の提出(改修工事が完了してから30日以内)となります。

事前審査時に、下記の書類を県住宅課あてに電子メールまたは郵送等でご提出ください。なお、電子メールでご提出される場合は、送付後にお電話をいただきますようお願いします。

  1. 改修等の事前審査願
  2. 各階平面図
  3. 各戸詳細平面図
  4. 加齢対応構造等のチェックリスト

申請様式

4.地位承継

サービス付き高齢者向け住宅の地位承継を行う場合は、承継の日から30日以内に下記の書類を電子メールまたは郵送等(郵送の場合は2部)でご提出ください。

  1. 地位承継届出書
  2. 情報提供システムで作成した変更届出書
  3. 承継を受けるものが法人である場合は、法人の登記事項証明書
  4. 承継を受けるもの(未成年である場合に限る)の法定代理人が法人である場合は、法人の登記事項証明書
  5. 登録事項等についての説明書
  6. 登録拒否要件の確認情報(別記様式第19号)

申請様式

5.定期報告

必ず、年1回、7月末までに報告が必要です。
毎年度7月末までに、前年度中(前年度の4月1日において管理が開始されていないものについては、管理を開始した日から3月31日までの間)における登録事業の状況について、登録事項定期報告書と添付書類(別紙1、別紙2)と報告期間内の直近の新規契約の契約書、重要事項説明書(報告期間内に新規入居がなかった住宅を除く)を指定の期日までに電子メールまたは郵送等でご提出ください。

報告様式

(参考)有料老人ホーム報告様式

6.事故報告

以下の事故等が発生した場合は、事故発生後速やかに、遅くとも5日以内を目安に事故報告書を電子メールまたは郵送等でご提出ください。

  • 死亡事故(死亡後に相当期間の放置がなされた場合を含む。)
  • 医師の診断を受け投薬、処置等何らかの治療が必要となった事故
  • 入居者に対する虐待
  • 入居者の財産侵害(職員による窃盗等)
  • 火災事故
  • 自然災害による施設の滅失、損傷

報告様式

7.報告検査等・指示

法第24条の報告を求められたとき、法第25条の指示を受けたときに報告する様式です。

報告様式

8.その他(関連リンク)

提出先について

〒520-8577 滋賀県大津市京町四丁目1-1
滋賀県土木交通部住宅課企画係あて
電子メールまたは郵送等(郵送の場合は2部)でご提出ください。

お問い合わせ
土木交通部 住宅課 企画係
電話番号:077-528-4235
メールアドレス:house-kikaku@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。