文字サイズ

新規登録申請について

サービス付き高齢者向け住宅の概要と手続きの流れ

高齢者の居住の安定確保に関する法律等の一部を改正する法律」が平成23年10月20日から施行され、サービス付き高齢者向け住宅事業について、知事の登録を受けることができる制度が創設されました。 この登録制度は、以下のような住まいの供給を促進し、その情報を県民の方々に広く提供することにより、高齢者の居住の安定確保を図ろうとするものです。

1 加齢に伴う身体機能の低下に対応した規模や構造などを備えている。
2 高齢者の暮らしを支援するためのサービスが提供されている。

手続きは、所在する市町への事前協議→市町への意見聴取→県への事前審査→県への本審査という流れで進めていただきます。