気候変動適応策の推進

彦根地方気象台の観測では、県内(彦根)の平均気温は、2015年までの約100年間で約1.3℃上昇しています。また、21世紀末頃(2076~2095年)にはさらに約2.9℃の上昇が予測されています。このため、本県では温室効果ガスの排出抑制(緩和策)と併せて、今後生じる気候変動リスクの回避・軽減(適応策)を温暖化対策の両輪と位置づけ、取組を進めています。

気候変動の緩和と適応

画像出典:環境省ホームページ

身の回りの「温暖化の影響」事例探し

「あのチョウ、初めて見た」、「この花、咲く時期が変わってきた気がする」、「あの山の雪が減ってきた気がする」など、「温暖化が原因では?」と考えさせられる現象が私たちのまわりでも既におきています。
自然環境や暮らしなど、温暖化により滋賀県にどんな変化がおきているのか、現状や課題を把握するため「身近な環境の変化」に関する情報や写真を募集していますので、情報をお寄せください。

しがネット受付サービスからも情報提供いただけます。

滋賀県気候変動適応センターを設置しました

平成30年(2018年)12月に気候変動適応法(平成30年法律第50号)が施行されました。本県では関係する試験研究機関や庁内の各部局が連携して気候変動の影響を回避・軽減する施策(気候変動適応策)を推進するため、平成31年(2019年)1月に気候変動適応を推進する地域拠点として「滋賀県気候変動適応センター」を設置しました。

平成31年度滋賀県気候変動影響評価等委託事業

現在、公募型プロポーザル(平成31年度滋賀県気候変動影響評価等委託業務)の公告を行っています。詳しくは、<公告一覧>のページをご覧ください。

委託業務への質問事項

本業務の仕様に関する質問と、それに対する回答は以下のとおりです。

滋賀県における気候変動影響評価等とりまとめ

平成27年度に環境省の「地方公共団体における気候変動影響評価・適応計画策定等支援事業」に本県が採択され、環境省等の支援の下、滋賀県における気候変動の影響評価等をとりまとめました。
平成28年度にこれらの取りまとめ結果を参考にして、滋賀県における適応策の検討を行い、「滋賀県低炭素社会づくり推進計画」に新たに「適応策の取組」を位置づけ、適応策を推進することとしています。

滋賀県の将来気候および気候変動影響

気候変動適応策の普及啓発

地球温暖化や適応策のことをわかりやすく学ぶ啓発ツールを作成しています。詳しくは、こちらのページをご覧ください。

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部温暖化対策課
電話番号:077-528-3494
FAX番号:077-528-4844
メールアドレス:ondan@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」