ロゴ画像
滋賀県立総合病院研究所ロゴ画像
motherlakeロゴ画像
英語ページへ遷移

画像研究部門

スタッフ

【上席専門研究員】
奥山 智緒(おくやま ちお)

【専門】
核医学、放射線医学

【略歴】
平成6年京都府立医科大学医学部卒業京都府立医科大学放射線医学教室入局平成15年京都府立医科大学医学博士取得。平成15-17年医療法人坂崎診療所PET画像診断センターセンター長、平成17年―25年京都府立医科大学大学院医学研究科放射線診断治療学講師、平成25年-29年遠隔画像診断イメージコミュニケーション株式会社診断部長

【抱負】
大学を卒業し、放射線科に入局、画像診断、放射線治療、IVR、核医学など各領域を学ぶ中で、比較的早い時期から核医学に興味を持ちました。画像診断装置の技術革新が進む中、形態画像では捉えることのできない脳の変性や機能、腫瘍の代謝やレセプターなどを評価可能な機能画像に惹かれて診療や研究を続けてまいりました。当研究所においては、これまでの経験を生かしつつ、PETを用いて各種領域の疾患の診断や治療、病態把握につながる新たな研究を行っていきたいと思います。

【主な論文】
こちら

【主任研究員】
加川 信也(かがわ しんや)

【専門】
放射性薬品化学、PET・SPECT用診断薬に関する研究・開発

【略歴】
平成11年大阪薬科大学大学院薬学研究科修了、平成11-13年大阪大学医学部研究科トレーサ情報解析学研究部にて新規放射性薬剤の研究開発に従事、平成13-15年住重加速器サービス株式会社技術部にて国立循環器病センターのサイクロトロン装置運転及び保守管理業務に従事、平成16年から滋賀県立成人病センター研究所画像研究部門の研究員として勤務(薬剤師、第一種放射線主任者、博士)

【抱負】
PET・SPECT用放射性薬剤の研究開発
核医学検査法は、放射性同位元素で標識した化合物である放射性薬剤を工夫することによって、様々な機能の評価が可能であり、腫瘍、心筋梗塞、脳虚血性疾患など様々な疾病の診断や治療効果判定に貢献してきた。従って、更なる核医学検査の発展を目指し、これらの病態解析に有用な新規PET・SPECT用放射性薬剤の研究開発を行っていきたいと考えている。
また、臨床利用を視野に入れた自動合成装置の開発にも積極的に取り組み、核医学の分野において貢献したい。

【主な論文】
こちら

【診療放射線技師】
草野 邦典(くさの くにのり)

【略歴】
平成7年3月金沢大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科卒業
平成7年4月~平成29年12月滋賀県立成人病センター放射線部に勤務
平成30年1月~平成30年3月名称変更により滋賀県立総合病院放射線部に勤務
平成30年4月~現在滋賀県立総合病院研究所画像研究部門に勤務

【抱負】
20年余り診療放射線業務を全般に渡り従事してきました。放射線管理業務、医療安全業務など、主に職場の業務管理を任されてきましたので、研究分野は未知の領域です。
放射線管理業務や医療安全業務の経験を活かすかたちで、核医学の分野に貢献出来たらと考えております。

顔者孫

【診療放射線技師】

伊藤 未希(いとう みき)

【略歴】

平成13年京都医療技術短期大学診療放射線技術学科卒業

平成13年4月~平成18年3月 仙養会北摂総合病院放射線科勤務

平成18年4月~平成29年12月滋賀県立成人病センター放射線部に勤務

平成30年1月~令和 3 年 3月 名称変更により滋賀県立総合病院放射線部に勤務

令和 3 年4月~現在滋賀県立総合病院研究所画像研究部門に勤務

【抱負】

学校を卒業してから放射線診療業務(X線撮影、CT検査、MR検査等)を中心に携わってきました。今回、研究所の画像研究部門に配属されましたが、診療業務以外の研究としての医療への取り組みは初めてになります。また、画像研究部門は核医学のPET領域について研究を行われていますが、PET領域も初めてです。新しいことばかりですが、必要な知識を深め、先生方の研究支援がスムーズに行えるように頑張りたいと思います。診療業務としてはPETCT検査を担当させて頂くので、スタッフ間で協力して患者様に安心して検査を受けて頂けるように心がけたいと思います。

【看護師】

高瀬 明子 (たかせ あきこ)

【看護師】

郷田 紗弥香(ごうだ さやか)

画像研究部門の研究概要

画像研究部門は平成11年の研究所開設時に設置された部門で、主にPET検査による臨床および研究を行っている部門です。

PET検査とはポジトロンエミッションCT(陽電子放出断層撮影法)の略で、サイクロトロンと呼ばれる放射性同位元素の製造装置で作られたポジトロンを放出する放射性同位元素(RI)で標識した薬剤を合成し、これを患者さんに投与して、その分布をPETカメラで撮影する検査です。ポジトロン放出放射性同位元素は主にC-11(炭素)、N-13(窒素)、0-15(酸素)、F-18(フッ素)などがあり、これらを用いたPET薬剤はすでに多くの疾患に応用されています。

PETは臨床検査として、癌・心臓病・脳血管障害の三大成人病および認知症の診断・治療法選択および効果判定などに有用で、中でもグルコースの類似体であるFDG(フルオロデオキシグルコース)を用いたFDG-PETは有名です。FDG-PETは平成14年より保険適応となり、現在では基本的にすべての悪性腫瘍において、幅広く使われています。他にも平成8年には0-15(酸素)標識のガスを用いた脳血管障害のPET検査が保険適応になっています。

当研究所では、保険適応のPET検査以外にも、保険未収載の薬剤(学会の認めたPET用成熟薬剤や、倫理委員会等で認められた全く新規の薬剤)を用いたPET検査も幅広く行っています。センターの各診療科からも好評を得ており、これらの研究結果は国際的な学会や医学雑誌でも高く評価されています。

PETによる生体機能の画像化とその臨床応用

PETは短寿命放射性同位元素を含む物質の生化学的性質を利用して生体内での物質の動きを非侵襲的、定量的に追跡し画像化する装置である。癌の診断、血液動態、薬物動態の解析に強力な情報を提供しています。本研究所ではPET画像研究を成人病センターの画像検査診療に直結させ、県民の医療に真に貢献する研究を展開しています。

(1)PET画像の機能画像化に関する研究

PETカメラで撮影された再構成画像を元に、動脈血中データからコンパートメントモデル解析を行い、脳や腫瘍などの定量画像を作ることができます。定量画像を作成する際には、様々な阻害因子が影響しますが、真の定量画像を追求すべく研究を行ってきました。今年度は、呼吸停止FDG-PET撮影法における画像加算に関する検討をすすめ、サイノグラム加算法による定量画像への影響を中心に研究報告を行いました。

(2)PETによる脳機能画像に関する研究

これまでの当研究所の検討で、脳血管障害の患者さんでは形態画像上異常のない大脳皮質においても選択的神経細胞障害が起こっていることが明らかになっています。今年度も引き続き血栓性脳主幹動脈閉塞性疾患患者を対象として検討をすすめ、O-15のガスとC-11 Flumazenilを用いたPETで中枢性ベンゾジアゼピン受容体密度等を測定し、脳主幹動脈のアテローム血栓性閉塞の結果、局所脳組織灌流圧が低下して生じる血行力学的脳虚血により、ベンゾジアゼピン受容体の低下が起こるということが臨床的に明らかになり、著名な医学雑誌に掲載されました。さらなる検討を進めていく予定です。

(3)PETによる腫瘍の病期診断への応用

これまで当研究所では診断アルゴリズムに関するプロジェクトで、撮像法の改良、画像所見の蓄積、定量的評価を通じて、FDG-PETによる診断アルゴリズムを提唱してきました。学会等を通じた活動の成果により、平成22年4月より一部の腫瘍に対象が限定されていた腫瘍FDG-PETの保険適応は、早期胃癌をのぞくすべての悪性腫瘍に拡大され、病期診断、転移再発診断、治療効果判定を中心としたものに変更となりました。今後も個別の腫瘍の違いに対応したFDG-PETによる診断アルゴリズムのテーラーメード化を目指して研究を進めます。

(4)新しいPET用放射性化合物の開発と、それを用いた臨床診断の可能性の検討

現在、当PET施設において使用が許可されている放射性化合物は、日本アイソトープ協会が成熟薬剤として認め、指針が公となっている薬剤がほとんどです。今後、その他の有望な新規放射性薬剤に関しては、短寿命放射性薬剤臨床利用委員会及び倫理委員会にて順次承認されていく予定です。そうした比較的新しい薬剤を人へ応用していく際には、様々な基礎実験や厳格な製造管理と品質管理といった安全性の確認とともに、生体内での動態を解析し検査方法を確立しておく必要があります。また、現在まだ臨床応用がなされていない薬剤の開発や、全く新しいアイディアに基づくトレーサー・リガンドの開発を行っていきます。

(5)新しいPET用放射性化合物MeAIB(メチルエーアイビー)の開発と、その臨床応用

当PET施設において日本で初めて開発された人工アミノ酸PET製剤であるMeAIBが、厳しい安全性検査などを経て、倫理委員会で承認され、現在腫瘍患者さんを中心に臨床応用されています。保険適応である腫瘍FDG−PETの弱点である炎症性疾患との鑑別、脳腫瘍診断などに威力を発揮しており、一歩進んだ腫瘍診断として、米国核医学会最優秀論文賞も受賞し、国際的にも注目されています。ますますの応用発展を目指します。

(6)PETによる小児てんかんの研究

小児神経疾患には、その原因、病態が不明のものが多い。PET検査を用いた脳神経代謝および神経伝達機能の定量的画像診断を行うことで、小児神経疾患の病態解明や診療に直結する診療画像情報を追求しています。West症候群は乳児期に発症し発達の退行を伴い治療に難渋するてんかん性脳症です。ヒプスアリスミアという特徴的な脳波所見を示すことが多いのですが、この所見をもつ症例と持たない症例で、 FDG-PET、FMZ-PETの所見を比較検討し、基底核、視床がヒプスアリスミアの形成に重要な役割を担っている可能性を指摘しました。無呼吸発作は自律神経発作に分類される稀なてんかん発作ですが、呼吸中枢の異常による中枢性無呼吸との鑑別が困難でした。我々は中枢性無呼吸を発症しやすい18トリソミーの乳児で無呼吸発作時の発作時PETをとらえて、てんかん性無呼吸であることを示しました。

研究業績

業績はこちらをご参照ください。

ボランティア募集

アミロイドイメージング用PET薬剤[18F]FPYBF-2を用いた、『慢性歯周炎患者における脳内アミロイド蓄積の検討』研究におけるボランティアを募集します。

急速に高齢化が進む近年、認知症およびその関連疾患への対策は、喫緊の課題となっています。代表的な認知症の一つであるアルツハイマー病の患者さんの脳内には、“アミロイドβ”という物質が多く蓄積していることが知られており、アミロイドβ蛋白質に結合する物質にポジトロン核種を標識し、その脳内分布を画像化するアミロイドPET検査は、特に有用な検査方法として世界各地で様々な薬剤が開発され、臨床研究が進められています。

当院でもその対策は重要課題とされており、当研究所においては2013年より、当研究所の共同研究員である京都大学薬学部病態機能分析学教授の小野正博博士が中心となって開発した独自のアミロイドイメージングPET製剤([18F]FPYBF-2)を用いた、研究を行っています。

アミロイドβの脳内蓄積のあることが直接認知症を示すというわけではありませんが、認知症を発症する数十年前から脳内に蓄積していることが知られており、認知症発症のリスク状態にあると考えられ、脳内アミロイド蓄積の原因を追求することは、認知症の対策に重要な意義があると考えられます。

近年、慢性歯周炎のマウスを用いた研究で、脳内のアミロイドβの蓄積が多くなることが報告されており、慢性歯周炎が認知症のリスクになる可能性が注目され始めていますが、ヒトにおける因果関係はまだよくわかっていません。

当研究所においては、認知機能が正常な状態の慢性歯周炎の患者様を対象に、歯周炎の状態、原因となる細菌の種類と、脳内アミロイドの蓄積を調べる研究を行っております。本研究は、日本学術振興会から交付を受けた科学研究費により行う研究です。

ご興味のある方は、以下リンクをご参照の上、研究所までご連絡ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。


滋賀県立総合病院研究所 〒524-8524 滋賀県守山市守山5-4-30 Tel:077-582-6034 Fax:077-582-6041
Copyright(c) 2004- 2019 Shiga Medical Center Research Institute, All Rights Reserved.