看護部

看護部について

看護部長からのごあいさつ

看護部長

院長補佐 兼 看護部長

山中 寛惠

滋賀県立総合病院看護部では「心をつくした癒しの看護」を理念として、患者さんやご家族に寄り添う看護を目指しています。専門職としての確かな知識、技術と倫理観そして何よりも人を思いやる心を持ち、患者さんの持つ力を引き出してその人らしく生を全うすることを支援したいと考えています。

私たちは、地域の病院、施設や訪問看護との連携を密にし、在宅、外来および入院で治療を受ける患者さんをチームで支援し、患者さんとともに歩み続けることを願っています。

理念

基本理念

人間愛に基づき、快適で安全な心を尽くした「癒しの看護」を提供します。

癒しの看護とは、患者さんの安心信頼は職員一人ひとりが、看護実践の現場で創意工夫を凝らし心を尽くした看護サービスを実践する中で生まれてくるものと考えます。患者さんに満足いただけるよう個々のニーズに対応したきめ細かな看護サービスのことです。

基本方針

  • 患者さんの人権と人間性を大切にします。
  • 当院の方針に従い、医療の革新や進歩に柔軟に対応できるようにします。
  • 地域住民の信頼に応えられるよう、研修に努め、安全で質の高い看護の提供に努めます。
  • 専門職としての責任を自覚し、教養を深め、人格を高めるよう心がけます。
  • 当院の経営に関心を持ち、経済的に効率性のある看護業務を行います。

取り組み

『県民の信頼に応えられる質の高い看護の提供に努めています』

  • 「新人看護職員研修ガイドライン」にそった卒後教育の強化を図り、体系的な看護教育に取り組むため、シミュレーション教育や院内認定制度も導入し、より専門性の高い看護教育を目指しています。
  • 日々進歩する医療技術や情報システムに対応するため、電子カルテシステム委員会や、患者さんおよび職員の環境を整えるための「業務委員会」等を設け、2交代を含めた多様な勤務体制導入など新しい課題に取り組んでいます。
  • 患者満足度調査と並行して、毎年、職員満足度調査を実施し患者および職員の環境を整え、県民の信頼に応えられる質の高い看護の提供に努めています。

概要

看護提供方式

  • チームナーシング+受け持ち制
  • 一部機能別看護
  • 一部ペア看護システムを導入

病棟

  • 一般病棟、緩和ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟

看護基準

  • 一般病棟入院基本料1群1 7対1
  • 特定集中治療看護基準 2対1
  • 緩和ケア病棟基準 7対1
  • 回復リハビリ病棟基準 15対1

看護学生の実習受け入れ

  • 臨床実習指導者講習会を受講した看護師が調整役となり、年間を通じて実習生を受け入れています

その他研修受け入れ

  • 滋賀県訪問看護ステーション連絡協議会実習受け入れ
  • 高校生一日体験入学
  • 復職支援プログラム
  • リスタートナースプログラムの協力