文字サイズ

【受付終了】滋賀県近未来技術等社会実装推進事業補助金【第2期】について

滋賀県産業振興ビジョン2030(令和2年3月策定)に基づき、滋賀県内をフィールドに、近未来技術等※の社会実装に向け、企業等からの申請に基づく実証実験や実現可能性調査の経費に対して助成し、事業化に向けた取組の促進を図り、本県産業および経済の発展を図ることを目的に、「滋賀県近未来技術等社会実装推進事業補助金」につきまして、下記のとおり、事業計画の募集を行いますので、お知らせします。

※「近未来技術等」とは、IoT、AI、自動運転、ドローン、ビッグデータ、5G、水素をはじめとしたCO₂削減に資する技術(CO2ネットゼロ)等をいいます。

 

補助対象者について

企業、大学、特定非営利活動法人等の法人格を有する団体、個人事業主。滋賀県内での事業所の有無や規模は問いません。
※滋賀県内に事業所等がない団体および個人事業主の場合、滋賀県内事業者との連携を必須とします。
※CO₂ネットゼロ枠は複数事業者の連携を必須とします。

補助率等

補助率等
通常枠 CO₂ネットゼロ枠
(1)補助率 補助対象経費の2分の1以内 補助対象経費の3分の2以内
(2)補助限度額 1件あたり1,000万円以内 1件あたり2,000万円以内(※)
(3)交付決定下限限度額 100万円 100万円

※残予算の範囲内で採択を行います。CO₂ネットゼロ枠の採択可能上限額は4,691千円です。(補助限度額満額での採択はできません。)

補助対象事業

補助金交付決定後に着手する、次の(1)、(2)それぞれの区分においていずれかに該当する取組。

(1) 申請区分

通常枠 

・健康しがの実現
例)健康、フードロス、ウェルネス 等
・IT、ロボット、データ等の活用によるデジタル社会への対応
例)自動運転、オンライン教育、ロボット 等
・自然災害への強さを含めた森・川・里・湖等の自然と共存した社会の実現
例)国内回帰、農林・水産、ワーケーション 等

 ○CO₂ネットゼロ枠

・CO₂削減等による環境負荷の少ない社会の実現
例)自然エネルギー、地域循環モデル、物流 等

 

(2) 事業区分

 ○実証実験型

 新たな技術・商品・サービスの調査、開発(既存技術等の転用や組合せ、隠れた価値の発掘(設計・デザイン、アイデアの活用等)を含む。)に向けた実証実験

 ○実装型

 既にリリースされている商品・サービスを滋賀県内に展開

募集期間

8月26日(金曜日)から10月5日(水曜日)正午

※期日間近で提出書類に不備等があった場合、受け付けられない場合がありますので、応募を検討される場合は、なるべく早めの提出をお願いします。

募集要領等

4.お問合せ

滋賀県 商工観光労働部商工政策課 イノベーション・海外展開支援係

TEL :077-528-3715
mail : fa0002@pref.shiga.lg.jp

お問い合わせ
滋賀県商工観光労働部商工政策課
電話番号:077-528-3715
FAX番号:077-528-4870
メールアドレス:fa0002@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。