文字サイズ

おうみ棚田ネット

みんなで棚田を守ろう!~しが棚田ボランティア制度(平成16年から)~

県内に約2,200ha存在する棚田地域は、近年まで、農業生産活動を通じて、県土・環境の保全や水源涵養、農山村の美しい景観の形成、伝統・文化の継承など多面的な機能を有してきましたが、高齢化や担い手の減少、厳しい地形条件から耕作放棄の拡大など、棚田のこうした維持が困難な状態となってきました。
一方、棚田の持つ景観や生態系の豊かさは、失われつつある農村の原風景としての価値を有しており、その価値は地域住民の方々が感じる以上に貴重なものとなってきています。
これらを踏まえ、平成16年度より全国に先駆け、住民自身による棚田保全の保全管理に関する取組と、棚田に関心のある方々の意欲を結びつけ、棚田地域の活性化に資することを目的として、棚田保全にボランティアで取り組む「棚田保全活動」を実施しています。

2019年8月から11月の活動予定をお知らせします

県内9地区で様々な活動が行われています。詳しくは以下の資料をご覧ください

「令和元年度しが棚田地域交流・研修会」の開催について

棚田保全活動に取り組む住民の方を始め、棚田に関心のある方や企業・大学・NPO法人等多様な主体の方々が一堂に会し、それぞれの地区が描くビジョン・これからの目標について意見交換を行い、棚田保全の未来を考える機会とすることを目的に交流・研修会を開催します。

 

 日時:令和元年11月30日(土)10:00~

 場所:余呉まちづくりセンター(長浜市余呉町中之郷1117-1)

 

詳しくは、別添の募集チラシをご覧ください。

棚田オーナーによる田植え
刈払機の講習状況

棚田ボランティアの募集

県内9地区で棚田ボランティアを募集しています!

活動地区の紹介

県内各地区の活動状況を紹介します。

棚田保全活動の情報の配信

県内の棚田保全活動の情報や棚田地域でのイベント情報などをフェイスブック・インスタグラム「しがの農業農村」で配信しています。
フォローをお願いします!
URL:https://www.facebook.com/shiganouson

URL:https://www.instagram.com/shiganouson

qr

寄附金を募集しています!~しが棚田トラスト制度(H21~)~

しが棚田トラスト制度とは

制度の概要を紹介しています。

寄附金の使途

寄附金の活用方法を紹介しています。

寄附の申込み・寄附の特典

寄附の申込み方法などを紹介しています。

税の控除について

県に寄附いただいた場合の税の控除について紹介しています。

寄附金の状況報告

寄附金額、寄附者、寄附の活用結果を紹介しています。

企業・団体からの寄附に対する特典

県への寄附の特典として、棚田ボランティア募集チラシに広告スペースをご用意しました。企業や団体の皆様のご活用をお待ちしております。

トピックス

棚田って?

まずは棚田について知ろう! 棚田は多くの役割を担っています。その棚田が今危機に!

棚田地域交流・研究会 (平成23年度~)

地域住民やボランティア、行政など関係者が一堂に会し、先進的な取組事例を学び、さらにそれぞれの立場から棚田保全に関しての情報交換や意見交換を行うことで、これらを解決するためのヒントをつかみ、より一層の取組の発展を目指すことを目的に開催しています。

棚田シンポジウムの開催状況 (平成11年度~平成21年度)

滋賀県では、「棚田シンポジウム」を通じて、棚田の魅力やその保全についての啓発活動を行ってきました。

棚田オーナー制度の紹介

棚田オーナー制度の紹介

高島市畑(はた)地区と高島市鵜川地区、大津市仰木平尾地区、大津市仰木上仰木(八王寺)地区では棚田オーナー制度を実施しています。毎年、春には棚田オーナーの募集がありますので、お見逃しなく!

各種資料

総合窓口

滋賀県 農政水産部 農村振興課
TEL:077-528-3961
FAX:077-528-4888
E-mail :gh01@pref.shiga.lg.jp

お問い合わせ

滋賀県農政水産部農村振興課
電話番号:077-528-3961
FAX番号:077-528-4888
メールアドレス:gh01@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。