建設業許可Q&A

このページではお問い合わせの多い質問をQ&Aにて案内しています。

許可の概要、手続等に関する質問

一般建設業と特定建設業の違いは?

一般建設業許可では、発注者から直接工事を請け負った際に、下請負契約の総額が消費税込みで4,000万円未満(建築一式工事の場合は6,000万円未満)に制限されています。これは、下請契約額に対する規制であり、元請工事の請負金額の上限を直接制限するものではありません。なお、一般建設業許可業者が下請工事として請け負う場合には、再下請負人に対する下請契約額の制限はありません。

許可の要件に関する質問

経営業務の管理責任者ってどんな人ですか?

建設業の営業取引上対外的に責任を有する地位にあり、建設業の経営について、総合的に管理、執行した経験(具体的には、建設業を営む会社の役員、建設業を営む個人事業主等の経験)を有する者で、常勤であることが必要です。なお役員経験には、監査役、監事、有限会社社員、事務局長等の経験は含みません。

工事の施工に関する質問

請負契約がいくら以上の工事になれば、請負契約書の作成が必要ですか?

請負金額による免除規定は無いので、全ての工事について必要となります。

その他

建設業許可通知書を紛失したのですが、再発行はできますか?

許可通知書の再発行はできませんが、許可通知書に代わる物として、許可証明書を発行することは可能ですのでご利用ください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」