文字サイズ

人権施策に関するこれまでの取組

滋賀県人権施策推進計画~すべての人が輝く滋賀をめざして~(平成28~37年度)

「滋賀県人権施策基本方針」に掲げる人権施策全般について具体的な方策を体系的に示し、総合的、計画的な推進を図るための計画です。
平成23年(2011年)3月に策定し、計画の期限を迎える平成28年3月に改定しました。
計画年度は、平成28年度(2016年度)から平成37年度(2025年度)までの10年間です。

H2803 keikaku

滋賀県人権施策推進計画~すべての人が輝く滋賀をめざして~(平成23~27年度)

「滋賀県人権施策基本方針」に掲げる、県が推進すべき基本施策の「人権意識高揚のための教育・啓発」を具体化するために平成16 年(2004 年)3月に「人権意識高揚のための教育・啓発基本計画が期限を迎えるにあたり、これまでの人権教育・啓発に関する施策だけでなく、人権施策基本方針に掲げる人権施策全般について、その具体的な方策を体系的に示し、総合的、計画的な推進を図るために、「滋賀県人権施策推進計画(以下「推進計画」という。)」として改定したものです。
計画年度は、平成23 年度(2011 年度)から平成27 年度(2015 年度)までの5年間です。

滋賀県人権施策推進計画~すべての人が輝く滋賀をめざして~

人権意識高揚のための教育啓発基本計画

一人ひとりの人権意識高揚のための教育・啓発は、人権が尊重される社会を実現するための基本施策です。
この基本計画は、学校、家庭、地域など様々な場所で、人権教育・啓発を進めるための課題や目標、推進方策などを整理して述べています。
平成16年(2004年)3月に策定し、計画の期間は平成22年度(2010年度)までです。

keikakuhyoshi

滋賀県人権施策基本方針

県行政は、県民一人ひとりの生活に密接に関係しています。そのため、県行政のすべては人権に関わりがあるといっても過言ではありません。
人権施策基本方針では、人権の基本理念を明らかにするとともに、人権施策を総合的に推進するために、いずれの人権課題の解決にも必要な基本施策とともに、それぞれの課題に対処するための分野別施策の方向性を示しています。
平成15年(2003年)3月に策定しました。

hoshinhyoshi

滋賀県人権尊重の社会づくり条例

条例前文は、すべての人の人権が尊重される社会をつくりあげることは、私たちみんなの願いであり、責務であると述べています。
そして、そのために不断の努力を続けることを私たち滋賀県民の決意として宣言しています。
この条例に基づき、滋賀県は、県の責務として、人権が尊重される社会づくりに関する施策を積極的に進めることとしています。
平成13年(2001年)3月に施行しました。

joreihyoshi

「人権教育のための国連10年滋賀県行動計画」最終報告

平成6年(1994年)12月の国連総会において、平成7年(1995年)から平成16年(2004年)までの10年間を「人権教育のための国連10年」とする旨の決議が採択され、人権という普遍的文化を世界中で構築する取り組みが開始されました。
わが国においては、平成7年(1995年)12月に内閣総理大臣を本部長とする「人権教育のための国連10年推進本部」が設置され、平成9年(1997年)12月に「「人権教育のための国連10年」国内行動計画」が取りまとめられ、計画に掲げられた諸施策の着実な実施等を通じて人権教育の積極的な推進が図られてきました。
本県においても、平成9年(1997年)7月に「人権教育のための国連10年推進本部」を設置し、平成10年7月に「人権教育のための国連10年滋賀県行動計画」を策定し、平成14年(2002年)3月に同計画を一部改訂して人権教育の総合的かつ効果的な推進に努めてきました。行動計画の目標年次(平成16年)が終了したことから、その結果を今後の施策の推進に反映するため、最終報告を作成したので公表します。

今後の同和行政に関する基本方針

同和問題の解決に向けては、特別法や計画に基づいて、各種施策が総合的・計画的に進められてきた結果、生活環境を中心に相当の成果を収めたところです。しかし、教育、啓発、就労などの分野においてなお課題が残されています。
滋賀県では、この基本方針に基づき、一般施策によりその解決を図っていくこととしています。

お問い合わせ
滋賀県総合企画部人権施策推進課
電話番号:077-528-3533
FAX番号:077-528-4852
メールアドレス:cf00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。