地方税ポータルシステム(eLTAX)の電子申告の手順

電子申告の基本的な手順は以下のとおりです。

1.申告データの準備:

「PCdesk」で、利用届出時に入力した情報等をもとに、申告データのひな形を作成します。

2.申告データの作成:

「PCdesk」またはeLTAX対応の市販の税務会計ソフトで申告データを作成し、電子署名を付与します。

3.申告データを送信:

利用者ID・暗証番号を入力して地方電子化協議会が運営するポータルセンタにアクセスしデータを送信します。

4.受付結果の確認:

各利用者ごとにメッセージボックスが用意されます。ここで、データの受付結果や送信データの内容を確認することができます。
(注) eLTAXの利用者用ソフトウェア「PCdesk」では、地方税法施行規則様式のうち法人県民税・法人事業税の申告に係る様式について、送信できるように設定されています。また、財務諸表などの添付ファイルについても電子化されたデータであれば送信可能です。
なお、法人県民税・法人事業税の申告の際に添付をお願いしています滋賀県制定様式については、「様式・記載要領等ダウンロード」コーナーに搭載していますので、ダウンロードの上、必要事項を入力し、申告データを送信する際に添付ファイルとしてあわせて送信してください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」