滋賀県食品衛生基準条例について

滋賀県食品衛生基準条例は、食品衛生法第50条第2項(管理運営基準)、第51条(施設基準)、ならびに食品衛生法施行令第8条第1項(食品衛生検査施設基準)の規定に基づき、食品等の安全性を確保するための基準を定めた条例です。
平成12年に制定され、これまでに4回改正されました。
すべての食品関係営業者(※1)が遵守すべき公衆衛生上の措置の基準を別表第1に定めています。
営業許可が必要な業種(※2)の施設の基準を別表第2、第3(自動車営業)、第4(自動販売機営業)、第5(特定簡易営業)に定めています。
(大津市内に営業施設がある場合は大津市の条例に基づく管理運営基準が適用されます。)

(※1)業として、食品、添加物を採取、製造、輸入、加工、調理、貯蔵、運搬、販売する者。器具、容器包装を製造、輸入、販売する者。(食品衛生法第4条)

(※2)飲食店営業、喫茶店営業、菓子製造業、あん類製造業、アイスクリーム類製造業、乳処理業、特別牛乳搾取処理業、乳製品製造業、集乳業、乳類販売業、食肉処理業、食肉販売業、食肉製品製造業、魚介類せり売営業、魚肉ねり製品製造業、食品の冷凍又は冷蔵業、食品の放射線照射業、清涼飲料水製造業、乳酸菌飲料製造業、氷雪製造業、氷雪販売業、食用油脂製造業、マーガリン又はショートニング製造業、みそ製造業、醤油製造業、ソース類製造業、酒類製造業、豆腐製造業、納豆製造業、めん類製造業、そうざい製造業、缶詰又は瓶詰食品製造業、添加物製造業 (食品衛生法第51条)

条例の主な内容

1. 趣旨

食品衛生法第50条第2項(管理運営基準)、第51条(施設基準)、ならびに食品衛生法施行令第8条第1項(食品衛生検査施設基準)の規定に基づき、営業施設の内外の清潔保持、ねずみ、昆虫等の駆除その他公衆衛生上講ずべき措置に関する必要な基準について定める。

2. 定義

  • 自動車営業: 自動車に施設を設けて行う営業であって、飲食店営業、喫茶店営業、菓子製造業、アイスクリーム類製造業、乳類販売業、魚肉販売業、魚介類販売業であるもの。
  • 自動販売機営業:自動販売機による営業であって、飲食店営業、喫茶店営業、乳類販売業または氷雪製造業であるもの。
  • 特定簡易営業:出店の都度、組立式の店舗その他の簡易な施設を設けて行う営業であって、飲食店営業、喫茶店営業、菓子製造業、アイスクリーム類製造業、乳類販売業、食肉販売業、魚介類販売業であるもの。

3. 公衆衛生上の措置の基準:

第1.食品および添加物(食品等)を取り扱う営業に係る基準

  1. 一般事項
  2. 営業施設等の衛生管理
  3. 設備、器具等の衛生管理
  4. ねずみ族、昆虫等への対策
  5. 廃棄物および排水の取扱い
  6. 食品等の取扱い
  7. 使用する水等の管理

第2.許可を必要とする営業に係る基準

  1. 管理運営要領
  2. 食品衛生責任者の設置
  3. 食品製造従事者等の衛生管理

第3.食品等を運搬する営業に係る基準

4.営業施設の基準

1. 固定店舗(下記以外の営業)による営業:

○ 第1. 共通基準

○ 第2. 業種別基準

2. 自動車営業:

○第1. 共通基準

○第2. 業種別基準

3. 自動販売機営業:

4. 特定簡易営業:

○第1. 共通基準

○第2. 業種別基準

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部生活衛生課食の安全推進室
電話番号:077-531-0248
FAX番号:077-537-8633
メールアドレス:shokuhin@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」