食肉の生食による食中毒に注意しましょう

腸管出血性大腸菌の食中毒を予防するためには、肉の中心部まで十分に加熱することが重要です。

食中毒にならないために次の点に注意しましょう。

  1. 牛レバーは、必ず中心部まで十分に加熱し、生では食べないようにしましょう。
  2. 子どもや高齢者など抵抗力の弱い方は、食肉を生で食べないようにしましょう。
  3. 食肉は中心部まで十分に加熱して食べましょう。
  4. 調理には専用のトングや箸を使用し、食べる箸と分けましょう。
  5. 生肉を処理した包丁やまな板は、水洗いだけでは殺菌できません。生野菜や加熱済み食品を汚染しないよう、十分洗浄、消毒して使いましょう。
  6. 冷蔵庫内では、生肉や生肉のドリップが他の食品に触れないよう容器に入れて保存しましょう。

お問い合わせ

滋賀県健康医療福祉部生活衛生課食の安全推進室
電話番号:077-528-3643
FAX番号:077-528-4861
メールアドレス:el00@pref.shiga.lg.jp
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」