文字サイズ

現在、滋賀県では2名の国際交流員(カナダ・ブラジル)および中国出身の職員1名が勤務しています。
市町および国際交流団体等が行う国際交流推進事業等に協力いたしますので、派遣をご希望の方は、まず国際課までお問い合わせください。

滋賀県国際交流員・職員の紹介

国際交流員・職員派遣申請書

滋賀県招致国際交流員一覧

(エミリー ラモン・カルディナル)

エミリーラモン・カルディナル(Emilie Lamont-Cardinal)

1・国籍:カナダ

2・趣味:絵を描くこと、映画を見ること、読書、言語学

3・故郷紹介:

カナダのケベック州のガティノ市の出身です。人口は27万人くらいで、ケベック州で四番目に大きい都市です。住民の8割はフランス語が母国語ですが、政府の影響で多くの人は英語も出来ます。首都オタワと川で隔てられているだけなので、一緒にされることが多いです。公務員はかなり多いですけど、色んな人が住んでいます。自然に恵まれた場所なので綺麗な森でハイキング、キャンピングなどが出来ます。博物館、美術館、文化に関することもたくさんあります。カナダに行ったら、是非見に行ってください!

4・一言:

 2001年に大阪府堺市に留学して、その後、名古屋の愛・地球万博のカナダ館で勤務しました。帰国してから、ケベック州立大学を二回卒業し、美術(漫画)と翻訳が専門です。ただいま、滋賀県庁に国際交流員として勤めています。若い頃から日本語を勉強していますがまだ色々と日本語のことも日本文化のことも解らない所があると思います。カナダのことなどお構いなく訊いてください 。どうぞよろしくお願いします!

ギマランイス (Guimarães)

1・国籍:ブラジル

2・趣味:テレビゲーム・サイクリング

3・故郷紹介:

私はブラジル南東部にあるリオデジャネイロ市出身ですが、その名前を知っている人は多いのではないでしょうか。親しみを込めてリオと呼びますが、リオは観光がとても盛んな街です。クリスト・ヘデントール、コパカバーナビーチ、ポン・ジ・アスーカルなど、世界に誇る観光スポットの多いリオですが、もう一つ人気のある理由があります:それは何といっても人々の温かさです!リオに行ったら是非いろんな人とコミュニケーションを取ってそこでしか体験できないことを体験してください!

4・一言:

日本で生活するのは初めてでまだわからないことが多いですが、少しずつ日本と滋賀県のことを学びながら、自分の国についてできるだけ多くの人に知ってもらえたらすごく嬉しいです。どうぞよろしくおねがいします!

会計年度職員

路杰(ロケツ)

1.国籍:中国

2.趣味:読書、生け花、ヨガ

3.故郷紹介:

私は中国東方地方にある瀋陽市の出身です。瀋陽市にも日本と同じく四季がありますが、冬はマイナス30℃近くまで下がる日も多くとても寒いです。人口は約800万人で日本総領事館や国際空港もあり、東北地方の経済・交通・商業の中心の都市です。瀋陽市は清太祖ヌルハチの皇居があることで知られていて、瀋陽故宮と福陵、昭陵は世界遺産に指定されています。中国へ行ったら是非瀋陽市も訪れてみてください。

4.一言:

中国の高校と大学で日本語を勉強して、日本で暮らして早くも22年の歳月が経ちました。通訳と日本語教師に関わる仕事を15年以上やってきて、現在は県庁に勤めています。いろんな経験を通じて言語を勉強することは勿論ですが、その言語が持つ文化への理解がさらに重要であることに気付かされ、人との出会いが何よりも大切だと思っています。中国のことについて何かお役に立ちましたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

お問い合わせ
総合企画部 国際課
電話番号:077-528-3063
FAX番号:077-521-5030
メールアドレス:kokusai@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。