文字サイズ

本人確認情報の提供・利用状況の開示請求について

住民基本台帳ネットワークシステムに保存されている本人確認情報(氏名・生年月日・性別・住所・住民票コードと、これらの変更情報)の提供・利用状況を、個人情報保護条例に基づき開示請求することにより、ご自分の本人確認情報が「いつ」「どこへ」「何のために」国・県機関等に利用されたのか確認できます。

●対象者

滋賀県内の市町の住民基本台帳に登録されている方

●開示の方法

1.「保有個人情報開示請求書」の提出
本人または当該本人の法定代理人が、「保有個人情報開示請求書」を提出して開示請求してください。受付窓口は、政策調整部県民情報室(県庁新館2階)です。

2. 本人確認に必要な書類等の提示
○本人が請求する場合
住民基本台帳カード(顔写真付きのもの)運転免許証、パスポート、健康保険の被保険者証等
○法定代理人が請求する場合
本人が請求する場合の書類および戸籍謄本その他当該法定代理人の資格を証明する書類

●開示決定等

開示請求のあった本人確認情報提供・利用状況については、開示できる場合には、「保有個人情報開示決定通知書」により、開示の決定をお知らせします。提供利用実績がない場合には、開示請求された個人情報が存在しないため、開示することができません。この場合は「不存在による非開示決定通知書」によりお知らせします。なお、これらの書類は請求者本人の住所に郵送します。

● 開示の実施

開示決定があった場合は、決定通知書の指定する日時に開示を行います。この際、確かに請求者ご本人であることを確認するために「保有個人情報開示決定通知書」と本人確認に必要な書類を再度提示していただきます。