平成31年「なくそう犯罪」滋賀安全なまちづくり実践県民会議総会開催結果

 平成31年2月4日(月曜日)に平成31年「なくそう犯罪」滋賀安全なまちづくり実践県民会議総会を開催しました。
 第1部では、平成30年の犯罪概況、推進状況の説明を行い、平成31年の犯罪抑止目標や安全なまちづくりアクションプランについて協議を行いました。

 その結果、平成31年の犯罪抑止目標を

「さらなる減少を目指して」

~みんなで取り組もう!アンダー7,000件~

~体感治安の向上を目指し、

住宅侵入盗被害100件以下、特殊詐欺被害100件以下~

として、重点対策を

・ 特殊詐欺被害防止

・ 子ども・女性対象犯罪被害防止

・ 無施錠の被害防止

として取り組みを推進することが採択されました。


 第2部では、帝塚山大学法学部教授岡本美紀氏を講師にお招きし、「大学生防犯ボランティア育成活動について~帝塚山大学法学部の取り組み~」との講演テーマで、犯罪学の見知から物理的防犯環境、心理的防犯環境の整備等により犯罪を起こしにくい環境を形成することが大切ということや、次世代の防犯ボランティアの育成のため、大学生ボランティアの活動内容について御講演をいただきました。
 

 「なくそう犯罪」滋賀安全なまちづくり実践県民会議では、県民の皆様や各関係機関・団体等と協働した活動を展開していきますので、今後も「安全なまちづくり」に対する御理解・御協力をお願いします。

総会開催内容

開催日時 平成31年2月4日(月曜日)

開催場所 滋賀県庁新館7階大会議室

参加者 会長(知事)、県、市町、各種団体からなる実践県民会議構成団体代表者

*「なくそう犯罪」滋賀安全なまちづくり実践県民会議とは、県民が総ぐるみで犯罪の抑止に取り組むために条例に基づき設立された組織で、行政・警察・学校関係団体・福祉関係団体・経済団体・民間企業など、県内92の団体で構成されています。

内容

第1部 総会

議題

平成30年の犯罪概況
平成30年「なくそう犯罪」滋賀安全なまちづくり推進状況
平成31年の犯罪抑止目標と取組

報告事項

再犯防止に向けた取組等について
実践県民会議1
実践県民会議2

第2部 防犯講演会

・ 演題 大学生防犯ボランティア育成活動について

 ~帝塚山大学法学部の取り組み~

・ 講師 帝塚山大学 法学部 教授 岡本 美紀 氏

実践県民会議研修会1
実践県民会議研修会2

お問い合わせ

滋賀県総合企画部県民活動生活課
電話番号:077-528-3414
FAX番号:077-528-4840
メールアドレス:cd00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」