「前照灯早め点灯運動」展開中!

ライトは早めに点灯して安全運転をしましょう!

滋賀県では、警察本部、教育委員会、交通安全協会など交通安全を推進する103の機関、団体や多くの事業所と連携し、交通安全県民総ぐるみ運動として、「前照灯早め点灯運動」を推進しています。

薄暮時間帯や昼間からライトをつけて走っている車は、ライトの消し忘れではなく、安全のために点灯しているものです。

平成30年中滋賀県内では、4,212件の交通事故(人身事故)が発生し、その結果39人が亡くなり、5,361人もの方が負傷しました。

このような悲惨な交通事故は毎日繰り返されており、交通事故が無い日はありません。

このことからも、交通事故は決して他人事とは言えません。

ライト点灯で安全運転を!

「前照灯早め点灯運動」は、「自動車」も「自転車」も早めにライトを点けることで、ドライバーはもちろん、自転車に乗っている人も歩いている人も、車や自転車が接近していることに早く気づくことができ、また、ドライバーの安全意識を高めることで交通事故の防止することを目的にしています。

特に事故が多い夕暮れの通勤・通学時間帯は、車だけでなく自転車も含めて必ずライトを点けて運転し、悲惨な交通事故にあわない起こさないよう「早め点灯!」とみんなで声をかけあい、交通安全の輪を広げましょう!

運動への参加方法は?

自動車や自転車を運転している人なら誰でも簡単にできます。薄暮時間帯や曇天時にライトをつけて運転するだけです。

※滋賀県では参加車両が分かるようステッカーを配布しております。

pic1

サイズ:横170ミリ×縦55ミリ(色:文字は黒色、背景は黄色)

ご希望の方は、お電話ください。

電話番号077-528-3682

部署 交通安全対策室

期待できる効果

ライトを点灯して運転することにより、

  • ライト点灯車両の存在、位置を早く相手に認識してもらうことができる
  • ドライバー自らの交通安全意識を高めることができる
  • 他のドライバーや歩行者に対して交通安全を呼びかけることができる

ことから、交通事故の防止を図ることが期待できます。 

運動参加時の注意点

  • 対向車両が接近した時はロービーム(下向き)で!!
  • 消し忘れに注意!!
    ※ライトの消し忘れによるバッテリー上がりを防止するために、目に付くところに「消し忘れ注意」などのシールを貼ってみてはいかがでしょうか?
  • 車間距離に注意!!
    ※前を行く車が、後ろからあおられていると誤解しないよう、車間距離を十分とりましょう!
  • 相手の動きに注意!!
    ※対向する右折車や、駐車場から出てくる車などが進路をゆずってくれたと勘違いするドライバーがあるので相手の動きに十分注意しましょう!

資料等

お問い合わせ

滋賀県土木交通部交通戦略課
電話番号:077-528-3681
FAX番号:077-528-4837
メールアドレス:hc00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」