地域安全マップづくり

4分類表のイメージ

地域安全マップづくりは、自分たちの住む地域を、次のような4つの地域(A〜D)に分類し、

A犯罪発生が多く、不安感も高い場所

(危険で不安な場所)

B犯罪発生は多いが、不安感は低い場所

(危険だが安心感がある場所)

C犯罪発生は少ないが、不安感は高い場所

(安全だが不安な場所)

D犯罪発生が少なく、不安感も低い場所

(安全で安心な場所)

地域の課題を共有し、問題点のあった地域を「犯罪発生が少なく、不安感も低い場所(D:安全で安心な場所)」へ変える方法を考え、自主防犯活動取り組み開始のきっかけづくりに役立てようとするものです。

作業(当日行います)

意見を付箋に書き、ランダムに貼り付けていく様子

2種類の付箋に、「犯罪に遭った内容」と「不安を感じる内容」の項目をそれぞれ分けて書き、白地図上の地点へ貼っていきます。(作業は意見が出しやすい8人程度のグループに分かれます)

付箋の内容を見ながら、同じ内容は整理を行いながら、追加の意見を出していきます

ある程度意見が出尽くした段階で、同じような内容を整理する作業を行います。(マジックなどで色分けをするとわかりやすくなります。)

作業グループ毎の発表の様子

それぞれのグループが発表を行います。(参加者の皆さんが情報の共有を図ります。)

まとめ(後日に行います)

「不安を感じる内容」をまとめた地図イメージ

複数のグループで作業したマップの情報を「不安を感じる内容」と「犯罪に遭った内容」とに分けて、それぞれ一つの地図へまとめていきます。

「犯罪に遭った内容」をまとめた地図イメージ
  • ほとんどの場合、「不安を感じる内容」は意見が多く出されますが、「犯罪に遭った内容」は、数多く出されることはありませんので、情報を補完する為に地元交番などで犯罪発生の情報を得て、地図を作成します。
  • 当日作業に参加できなかった方からもアンケートを取る事で内容を充実させることもできます。

分析

「犯罪発生をまとめた地図」と「不安感をまとめた地図」を比較することで、「犯罪発生も多く不安感も高い場所」や「犯罪発生は多いが不安感は低い場所」また「犯罪発生は少ないが不安感は高い場所」などを地図上で把握していきます。

まち歩き

実際のまち歩きの様子

分析して把握した情報に過不足がないか、現地を歩いて点検し、問題点の改善について考えます。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」