恐喝 被害に遭わないために

恐喝イメージイラスト

あなたを犯人は狙います!!

被害にあわないために

犯人に目をつけられない

  • 人気のない道路や暗い道の通行は避ける。
  • 高価なものを目立つように持たない。
  • ポケットから財布などが見えないようにする。
  • 不用意に相手の挑発にのらない。
  • 深夜は複数で行動し、一人歩きしない。
深夜は複数で行動しましょう

お金の持ち方に気をつける

  • 不必要な現金は持たない。また、現金を分けて持つなどする。

防犯グッズを携帯する

  • 防犯ブザーなどを携帯する。

犯行に直面したら…

  • スキを見て人通りの多い、明るい場所へ逃げる。特に集団から恐喝を受けた場合、無理に抵抗せずスキを探す。
  • 逃げられない場合、犯人の顔や服装、話し方、方言などの特徴をしっかり覚える。犯人が逃走して行った方向や、車のナンバーなども覚える。

その後の対応

  • 犯人が逃走したら、すぐさま警察に110番通報し、犯人の特徴や逃げた方向などを伝える。

弱みにつけこまれ恐喝を受けているようなケースも、いずれは事件として明らかになります。迷わず警察に届け出ることが問題解決への早道です。

一人で悩まずに専門の機関に相談しましょう。
相談窓口

〜こころの支援〜公益社団法人おうみ犯罪被害者支援センター
077−525−8103 月曜日~金曜日(午前10時~午後4時) 年末年始・祝祭日は除く

〜こころの相談〜犯罪被害者サポートテレフォン
077−521−8341

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」