社会資本総合整備計画について

社会資本整備総合交付金

  • 「社会資本整備総合交付金」は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を一つの交付金に原則一括し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。
  • 社会資本整備総合交付金は「活力創出基盤整備」「水の安全・安心基盤整備」「市街地整備」および「地域住宅支援」の四つの分野(章)で構成されており、各分野の政策目的を実現するため、地方公共団体が作成した社会資本総合整備計画に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を総合的・一体的に支援する制度です。
  • 平成25年度には、地方自治体が実施する地域住民の命と暮らしを守る総合的な老朽化対策及び事前防災・減災の取組みを集中的に支援する「防災・安全交付金」が創設されました。

社会資本総合整備計画

  • 流域政策局では、治水ダムの総合的な整備を推進するため、社会資本整備総合交付金交付要領に基づき、社会資本総合整備計画を策定しました。

<平成27年~平成31年>

◎防災・安全交付金

滋賀県管理ダムにおける長寿命化計画に基づく総合的なダム機能の回復および向上の推進(防災・安全)

整備計画
整備計画 事前評価 中間評価 事後評価
当初 平成27年3月17日 策定 整備計画(※1) 事前評価(※2) - -
変更第1回 平成29年2月28日 変更 整備計画(※3) - - -
変更第2回 平成30年2月5日 変更 整備計画(※4)

お問い合わせ

滋賀県土木交通部流域政策局水源地域対策室
電話番号:077-528-4170
FAX番号:077-523-3613
メールアドレス:suigen@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」