病理診断科

スタッフ

副院長 兼 病理診断科 科長 兼 外科 科長 兼 病理部 部長 兼 緩和ケアセンター長

山本 秀和

医員

岡田 卓也

非常勤医師

岩佐 葉子

専門医認定

日本病理学会病理専門医
日本病理学会病理研修指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
死体解剖(病理解剖)資格認定

その他所属

京都大学医学博士
京都大学医学部臨床教授

業務内容

病理診断科の業務は、文字通り病理診断を行うことですが、具体的には主に組織診細胞診、この両者の手段を使った術中迅速診断および病理解剖があります。したがって、時に病理診断の説明を聞きに来られる方以外直接患者さんに接する機会はありません。しかし、組織や細胞を通して患者さんを診、その病態を理解するなど間接的に接することになります。得られた病理情報は主治医を通して治療に反映されます。言い換えると、組織診および細胞診は患者さんの病変部から採取した検体を顕微鏡下に観察することにより下す診断であり、そのうち生検と細胞診は病変の推定ないし確定を行い、治療法の選択、治療効果の判定などに寄与するのです。

術中迅速診断は、手術中の一時点で診断の確定や摘出範囲など治療方針を決定するためになされます。標本を凍らせ薄切したり、標本割面をスライドガラスに押し当て細胞を貼り付けたものを染色して観察しますので、10-20分で診断をつけることが出来ます。このため術者は安心して手術を終えることができます。摘出手術症例における組織診断は病変の性状、組織型の確定、病変の程度、病変の広がり、進行状況などを詳細に検索することによってなされる総合的な診断です。これにより病変の全体像がわかり、治療(手術)効果の判定、予後評価に役立ちます。病理診断は、病変部を肉眼的に、さらにその組織・細胞の形態的変化を直接観察して行う診断ですので、多くの場合”最終診断”となります。また、摘出し病理検査をするという行為自体が、病気の終焉をもたらすこともあるのです。このように、少ない組織という材料から効率よく病理診断するなどによって診断効率、医療効率を高めることができます。

病理解剖は不幸にも病気で亡くなられた方のご遺体を解剖し、各臓器を肉眼的、顕微鏡的に観察することにより、死因を解明し、病気が全身臓器におよぼした影響などを把握することにより、生前治療の適否・効果の判定などの医療評価や卒後医師教育などに大きな役割を果たしています。

このように、病理診断科は高度医療の遂行になくてはならない極めて重要な業務を担っていますし、常に患者さんや医療全体を考えています

当病理診断科では、ここ数年、年間6500件弱の外科病理材料と約6500件の細胞診、15体程度の病理解剖を取り扱っています。

特色ある取り組み

肉眼所見の重視

  • 当院病理診断科の最も大きな特色は肉眼所見を重視することです。個々のミクロ標本の組織診断が正しくとも、特に手術摘出材料の場合には、病変のどの部分をみるかで結果が大きく異なることもあります。したがって、肉眼観察を精密に行い、病変の正確な診断や予後因子を含めた病態が正しく評価できるように、切り出す事が最も重要です。そのために、必要に応じて術者とともに肉眼標本を観察し検討しています。また、ほとんどすべての外科的切除検体は、術後の標本処理(ホルマリン固定)から、写真撮影(固定前、固定後)、切り出し、切り出し図の作成、組織診断まで一貫して同一病理医が取り扱い、診断しています。
  • ほぼ全ての手術標本を未固定で詳細に観察できる体制は、教育・研修において非常に重要です。病理専攻医師だけでなく、全診療科研修医師にとっても教育上の意義が高いと考えています。

診断の精度管理

  • 同一症例を複数の病理医の間で検討したり、外部の専門病理医の意見を求めるためのコンサルテーションを行い、病理診断の精度を上げるようにしています。また、病理医の実力向上のために数々の学会、病理講習会、地方での勉強会に出席していますし、当院の研究所と合同で外部に向けた講習会や勉強会を開催しています。

病理診断支援・教育センター部門

  • 平成22年からは、当院研究所に病理診断支援・教育センター部門を併設し、医療の根幹をなす正確な病理診断を早く県内各医療施設に提供し、県民の健康創生の一環をなすネットワーク作りを行うこととなりました。病理診断科は、この部門に参加し、円滑な運用をサポートしています。この部門については研究所のホームページをご参照ください。
    研究所のホームページ

カンファレンス

  • 消化器カンファレンス
    (外科、消化器内科、放射線診断科、放射線治療科、病理診断科):月曜日 17時00分~
  • 呼吸器カンファレンス
    (呼吸器内科、呼吸器外科、病理診断科):最終水曜日 17時00分~
  • 皮膚カンファレンス
    (皮膚科、形成外科、病理診断科):週1回(火、水、金のいずれか)16時00分~
  • 病理解剖症例に関する臨床・病理検討会(CPC): 年5回 奇数月 第2水曜日 17時00分~
  • 産婦人科カンファレンス
    (産婦人科、病理診断科):金曜日8時30分~
  • 泌尿器科カンファレンス
    (泌尿器科、病理診断科):火曜日8時30分~
  • 乳腺カンファレンス
    (乳腺外科、放射線診断科、病理診断科) :第2、第4水曜日 16時30分~
  • 細胞診カンファレンス
    (病理診断科、病理部): 火曜日、金曜日 13時30分~