実績

診断実績

平成30年度 診断実績
種別 件数
細胞診断件数 5,655件
組織診断件数 6,412件
術中迅速組織診断数 352件
病理解剖 8件
免疫組織化学検査数 699件
パラフィンブロック数 22,075個
組織診作製ガラス標本数 34,627枚
細胞診作製ガラス標本数 14,067枚

業績

英文論文

1. Shintaku M, Kaneda D, Oyanagi K. Atypical lower motor neuron disease with enlargement of Nissl substance. Report of an autopsy case. Clin Neuropathol 2018; 37: 74-81.
2. Shintaku M, Miura S, Asagoe K, Yutani C. Chronic recurrent pulmonary thromboembolism with essential thrombocythemia, complicating acute right ventricular infarct. Pathol Int 2018; 58: 202-204.
3. Shintaku M, Rai Y, Yoshioka S, Okabe H. Adenoid basal carcinoma of the uterine cervix. A case report with an immuhistochemical and ultrastructural study. Int J Clin Exp Pathol 2018; 11: 1758-1762.
4. Shintaku M, Yoshida T, Hirose T. Dedifferentiated liposarcoma of the spermatic cord with features of epithelioid rhabdomyosarcoma and a rapidly fatal outcome. Pathol Int 2018; 68: 579-581.
5. Shintaku M, Taniguchi H, Yamamoto Y, Kono F, Sumitomo M. Detection of tumor cells of serous tubal intraepithelial carcinoma (STIC) in cervical smears and rapid development of the ovarian involvement. A case report. Diagn Cytopathol 2018; 46: 945-949.
6. Shintaku M, Kamada Y, Sumitomo M. Müllerian carcinosarcoma with neuroedndocrine differentiation arising in hydrocele of the canal of Nuck. Pathol Int 2018; 68: 630-632.
7. Shintaku M, Noda S, Hashimoto H. Large polypoid angiomyofibroblastoma of the vulva. Report of a case. Int J Clin Exp Pathol 2018; 11: 5509-5513.
 

学会発表

1.新宅雅幸, 吉田 徹, 廣瀬隆則. 多形型横紋筋肉腫の像を示した精索原発脱分化型脂肪肉腫と考えられる1例. 第107回日本病理学会総会. 札幌, 6月21~23日.
2.新宅雅幸, 鎌田泰之, 住友理浩. Nuck 管水腫から発生し、神経内分泌細胞への分化を示した癌肉腫の1例. 第64回日本病理学会秋期総会. 呉, 11月22日~23日

病理診断・教育支援部門セミナー開催状況

医療従事者向けセミナー

第8回病理技術向上講座

日時:2019年2月2日(土)、3日(日)

 会場:医療研修施設 『ニプロiMEP(アイメップ)』ニプロホール(滋賀)

 第1部病理検査部門の維持管理について

 第2部各種臓器の切り出し法

病理診断支援セミナー

  1. 3月24日 阪奈滋皮膚病理勉強会
  2. 5月26日 阪奈滋皮膚病理勉強会
  3. 7月14日 阪奈滋皮膚病理勉強会
  4. 9月22日 阪奈滋皮膚病理勉強会
  5. 12月1日 阪奈滋皮膚病理勉強会
  6. 1月19日 阪奈滋皮膚病理勉強会
  7. 3月23日 阪奈滋皮膚病理勉強会