医療安全管理室

滋賀県立総合病院では、病院理念に基づき、皆様に信頼され安心して医療を受けて頂けるよう、医療安全管理室を設置し、さまざまな取り組みをすすめています。

皆様に、その取り組みの一部を紹介させて頂きます。

医療安全対策室の構成

医療安全管理室長 本務 心臓血管外科 部長

勝山Dr

勝山 和彦

専門医認定

心臓血管外科 専門医
日本外科学会 外科専門医
日本胸部外科学会 認定医

医療安全管理者 [看護師]

濱田 滋子

コメント

患者さんに安心して医療を受けていただける様にすることが、医療安全管理室の仕事です。室長、セーフティーマネージャーと共に、医療安全について考え、悩みながら安全対策を立てています。

皆様のご協力をお願い致します。

医療安全管理室兼務医師 4名

四元 文明(乳腺外科主任部長)

長谷川 浩史(神経内科部長)

原田 英樹(外科部長)

石原 真紀(消化器内科副部長)

医療安全推進チーム(セーフティーマネージャー) 27名

医療安全管理室長から任命された、各所属の代表が医療安全推進チームとして活動しています。

令和2年度の医療安全推進チーム(セーフティーマネージャー)
部門 職種 人数 部門 職種 人数
薬剤部 薬剤師 1名 リハビリテーション科 理学療法士 1名
臨床検査・病理部 臨床検査技師 1名 臨床工学部 臨床工学技士 1名
放射線部 放射線技師 1名 外来 看護師 1名
栄養指導部 栄養士 1名 手術室 看護師 1名
医事課 事務 1名 各病棟 看護師 13名
総務課 事務 1名 診療科 医師 4名
合計26名
医療安全管理室 兼務発令 12名