がん登録

院内がん登録について

当院は、厚生労働省が指定する都道府県がん診療連携拠点病院として、定められた標準登録様式の登録項目定義に従い、がん登録実務者(国立がん研究センターの実務研修を修了した診療情報管理士等)が診療録や退院サマリーの情報をもとに院内がん登録を実施しています。

当院では2001年~2007年診断分は入院症例のみを対象に、2008年以降に診断された症例は、外来症例を含む全がんを対象に登録しています。登録項目には詳細な定義がありますが、がんの原発部位や病理組織診断は「ICD-O-3(国際疾病分類-腫瘍学-第3版)」、がんの進行と拡がりは「UICC(国際対がん連合)TNM分類」により分類しています。

  1. 登録・集計の対象
  2. 登録および集計の方法
  3. 用語について
  4. 院内がん登録情報の活用
  5. がん登録情報の流れ
  6. 拠点病院院内がん登録標準様式の登録項目

1. 登録・集計の対象について

当院において、2001年1月1日以降、がん(悪性新生物)と診断されたものを対象にしています。

がん(悪性新生物)とは、ICD-O-3における腫瘍の性状コードが「3(悪性)」または「2(上皮内がん)」に該当する腫瘍です。ただし、頭蓋内腫瘍においてはICD-O-3における腫瘍の性状コードが「0」または「1」のものを含めています。 

2. 登録および集計の方法

原発部位ごとに1腫瘍1登録としています。
年別に集計する場合は、診断日を基準にしています。

3. 用語について

  • 初発:当院で初めてがんと診断した症例
  • 治療開始後:治療開始後に当院を受診した症例
  • 主要部位:食道、胃、大腸(結腸+直腸)、肝、膵、肺、乳房、子宮頸部、子宮体部、前立腺
  • 初回治療:診断から概ね4ヶ月以内の治療(血液疾患などでは第一回目の寛解まで)
  • UICC:国際対がん連合( International Union Against Cancer )
  • TNM分類:UICCの病期分類
  • ICD-O-3:国際疾病分類-腫瘍学 第3版(WHOによる)
  • 進展度:全国がん登録で使用している病期分類(改訂がないので長期的なデータ管理に適切)
  • 5年生存率:診断から5年経過後に生存している患者の比率
  • 実測生存率:死因に関係なく、全ての死亡を計算に含めた生存率。がん以外の死因による死亡も含まれる。
  • 期待生存率:国立がんセンターから提供される「コホート生命表」を用いて、対象患者の診断年、診断時年齢、および性別の分布から計算した生存率。
  • 相対生存率:がん以外の死因による死亡の影響を補正するため、実測生存率を期待生存率で除したもの。

4. 院内がん登録情報の活用

  • 国立がん研究センターが実施する「がん診療連携拠点病院院内がん登録全国集計」にデータを提出しています。
  • 全国がんセンター協議会の加盟施設として、5年生存率共同調査にデータを提出しています。
  • 全国がん登録に届け出ています。
  • 滋賀県がん診療連携拠点病院協議会がん登録推進部会によるがん診療連携拠点病院集計に提出しています。

※これらの情報活用においては、個人情報保護法を順守し、個人が特定できない形に変換しています。

診断数の推移(2001年~2017年)

診断日を基準に、年ごとのがん診断件数の推移や初回治療の状況をまとめました。
現在のがん登録では、再発治療を登録の対象としていないため、ここでは初回治療のみを集計しています。
※以下の項目は、すべてPDFファイルにリンクしています。

主要部位の集計

当院において、がんの診断数が多い部位(食道、胃、大腸(結腸+直腸)、肝、膵、肺、乳房、子宮頸部、子宮体部、前立腺)について、病期別、初回治療別に集計しています。また、診断から5年経過後の消息判明状況についてまとめました。

※以下の項目は、すべてPDFファイルにリンクしています。

主要部位の5年生存率

当院において、診断から5年以上を経過した症例(2001年~2006年診断)について、5年生存率を算定しました。

全国がんセンター協議会が示す「がん患者生存率公表にあたっての指針」(リンク)に従い、「診断時年齢15歳未満および95歳以上」「上皮内がん・0期」を除外し、必要なデータ精度(5年後の消息判明率90以上、症例数100以上、ステージ(病期)判明率60%以上)を満たしている原発部位(食道、胃、大腸、肝、膵、肺、乳房、前立腺)ごとの5年生存率を計算しました。

計算には、診断日を起点とした実測生存率にKaplan-Meier法を用いました。また、がん以外の死因による死亡の影響を補正するため、実測生存率を期待生存率で除した相対生存率を算定しています。期待生存率はコホート生存率表に基づき、Edrere2.法により計算しました。

※以下の項目は、すべてPDFファイルにリンクしています。

拠点病院全国集計における滋賀県( 2007年~2016年診断例 )

平成20年3月に厚生労働省健康局長から各都道府県知事に通知された「がん診療連携拠点病院の整備に関する指針」により、がん診療連携拠点病院は厚生労働省健康局長が定める「標準登録様式」に基づく院内がん登録を実施することが義務づけられています。このことにより、全国の拠点病院が同じルールで院内がん登録が実施することになり、他施設との適正な比較も可能になりました。

ここでは、平成30年8月に国立がん研究センターから報告された「がん診療連携拠点病院院内がん登録2016年全国集計」から、滋賀県のデータを抜粋しました。

※以下の項目は、すべてPDFファイルにリンクしています。

関連リンク

滋賀県がん診療協議会(滋賀県の院内がん登録集計)

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。