文字サイズ

ニゴロブナ

ニゴロブナ

ニゴロブナは、琵琶湖固有種であり、古くから「ふなずし」の材料として利用されてきました。特にたくさんの卵を持ったメスが珍重され、これを用いた「ふなずし」は、お正月などめでたい席の料理としてもよろこばれます。

ニゴロブナは、主に内湖や入江のヨシ帯で4〜6月に産卵します。稚魚はヨシ帯で生育し、その後、徐々に沿岸域から沖合へと移動し、冬季には琵琶湖の深所に分布するようになります。ニゴロブナは生まれて2〜3年で全長25〜35cmに成長し、刺網漁やたつべ漁などで漁獲されます。

ニゴロブナの漁獲量は、昭和40年ごろには500トン程度であったと推定されますが、その後、平成元年には178トン、平成9年には18トンにまで低下しました(下図)。このため、琵琶湖産ニゴロブナの流通量が減少し、漁獲量の回復傾向が見られる現在でも琵琶湖産「ふなずし」は県民の口に入りにくい状況が続いています。

県では、ニゴロブナの資源回復を図るため、オオクチバスなどの外来魚がいないことや水温が高く餌となるプランクトンが豊富に発生するなどの特性を持った水田の生産力を利用して全長20mmサイズまで育てた稚魚を大量に水田から流下させる事業や外来魚のいない沖合で生息する全長120mmサイズにまで育てた種苗を放流する事業を積極的に支援しています。また、ニゴロブナの産卵繁殖場として重要なヨシ帯の造成も行っています。さらに、需要拡大に向けて、流通対策にも積極的に取り組んでいます。

ニゴロブナ漁獲量の推移

お問い合わせ

滋賀県農政水産部水産課
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。