文字サイズ

ビワマス

ビワマス
ビワマス刺身

ビワマスは、サケ科の琵琶湖固有種で、10月下旬〜11月下旬にかけて河川で産卵します。ふ化した稚魚は、昆虫などを捕食しながらそこで成長し、6〜7月には体長7cmほどになって琵琶湖に下ります。成熟には2〜4年かかり、大きいものは60cmを越えます。琵琶湖では、アユ、スジエビなどを食べて大きくなります。

ビワマスは、主に春から夏にかけて沖合で刺網により漁獲されています。アユなどを食べて脂ののった魚体は、刺身や塩焼きなど格別なおいしさです。

ビワマスは、10月~11月に雨が降って川が増水すると、産卵のために大挙して川を上がります。このことから、この時期のビワマスを特に「アメノイオ(またはアメノウオ)」と呼びます。このアメノイオを米といっしょに炊き込む「アメノイオごはん」は、滋賀県の無形民俗文化財にもなっています。

資源保護のため一定の大きさに達しない個体を採捕することは禁止されているほか、毎年10月1日から11月30日が採捕禁止期間に定められています。また、100年以上前から漁業団体(現在は滋賀県漁業協同組合連合会)によって種苗(稚魚)放流がなされており、県ではこれらの事業を支援しています。

漁獲量は、近年ほぼ20〜50トンの範囲で安定して推移しています(下図)。

ビワマスの放流

ビワマスの放流について、詳しくは「滋賀の水産(令和4年度)」P.26をご参照ください。

ビワマス漁獲量の推移

ビワマス漁獲量の推移(S29~R1)
お問い合わせ
滋賀県農政水産部水産課 
電話番号:077-528-3870
FAX番号:077-528-4885
メールアドレス:gf00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。