文字サイズ

大和リース株式会社

企業PR

  • 大和リース株式会社は、2009年5月1日に、「次世代育成支援対策推進法」の認定マーク(愛称「くるみん」)を取得しました。今回、当社は、2007年4月1日~2009年3月31日を計画期間として策定した目標を達成したことが認められました。
  • 当社は、人材の確保と育成の更なる強化を図るため積極的・戦略的な採用と女性社員の管理職登用の促進を掲げています。仕事と家庭を両立する社員が安心して業務に取り組むことができるよう、出産や育児に関連した制度の充実が図られています。当社における制度利用者は年を追うごとに増えてきています。
企業情報
企業情報の概要
業種 建設業
従業員数 43名(男性:36名/女性:7名)*県内事業所の従業員数
所在地 (滋賀支店)〒524-0041 守山市勝部4丁目2番10号 (滋賀水口デポ・関西工場)〒528-0062 甲賀市水口町さつきが丘35番地
電話番号 (滋賀支店) 077-583-0867
FAX番号 (滋賀支店) 077-583-1560
ホームページアドレス http://www.daiwalease.co.jp
その他 くるみん取得企業(次世代育成支援対策推進法にもとづく認定企業)
大和リース

一般事業主行動計画

当社は、職員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定します。

一般事業主行動計画
一般事業主行動計画
計画期間 第1期:平成23年4月1日から平成26年3月31日までの3年間
第2期:平成26年4月1日から平成30年3月31日までの3年間
第3期:平成30年4月1日から平成33年3月31日までの3年間

計画内容

(目標1)
希望する労働者に対する職務や勤務地等の限定制度の導入を実施する。
全国転勤型総合職が柔軟に働くことのできる環境を整える

■目標達成のための対策と実施時期
2018年4月~ アンケート・ヒアリング等を実施のうえ、当社に導入可能な制度を把握する
2018年6月~ 把握した情報をもとに制度の検討を開始する
2018年10月~ 制度導入にあたって、広く社員から意見を集め、制度設計を開始する
2019年4月~ 制度を導入し、社内報等で広く社内に周知する

(目標2)
在宅勤務やテレワーク等の場所にとらわれない働き方の導入を実施する。
ICT(情報通信技術)を駆使し、場所にとらわれない働き方を推進する

■テレワークの推進
2018年4月~ 現状の業務の分析を行い、導入に向けての検討を開始する
2018年6月~ 把握した情報のうち、現状の問題点を解決するためにフローを策定する
2018年9月~ プロジェクトを発足させ、テレワークが全社で運用できるようにペーパレス化を進める
2019年4月~ ペーパレス化が進んだ業務から段階的にテレワークの試験運用を開始

■テレワークを活用した技術者のバーチャル同行の実現
2018年4月~ 試験機の製作
2018年5月~ 本格導入に向けて運用フローの作成
2018年6月~ 試験運用の開始
試験運用中の意見を集め、本格導入に向けて再度問題点を検討する
2018年9月~ 導入事業所の募集
2018年10月~ 本格導入の開始

■事業所間を高精細なモニターでつなぐことで物理的な距離の制約を受けない自然な職場環境を実現する
2018年7月~ 既に稼働中の3拠点のほか実施する事業所を募集する
2018年10月~ 稼動事業所の問題点を抽出し、よりよい環境に向けて対策を実施する

お問い合わせ
滋賀県商工観光労働部労働雇用政策課 
電話番号:077-528-3751
FAX番号:077-528-4873
メールアドレス:fe00@pref.shiga.lg.jp