文字サイズ

社会福祉法人米原市社会福祉協議会

企業PR

本会は、職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できる雇用環境の整備に取り組んでいます。育児休業・年次有給休暇を取りやすい環境整備に取り組み、男性の育児休業取得実績も生まれました。

企業情報
企業情報の概要
業種 医療・福祉
従業員数 199名(男性:47名/女性:152名)
所在地 〒521-0023 米原市三吉570番地
電話番号 0749-54-3105
FAX番号 0749-54-3115
ホームページアドレス http://maibara-shakyo.or.jp/
その他 くるみん取得企業(次世代育成支援対策推進法にもとづく認定企業)
maibarasyakyousyasin

一般事業主行動計画

職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できる雇用環境の整備を行うとともに、地域福祉の推進を通して、次世代育成支援対策に貢献するため、次のように行動計画を策定する。

一般事業主行動計画
計画期間 第1期:平成23年4月1日から平成28年3月31日までの5年間
第2期:平成28年4月1日から令和3年3月31日までの5年間
第2期:令和3年4月1日から令和8年3月31日までの5年間

計画内容

(目標1)
産前産後休業や育児休業、介護休業のほか、子連れ出勤制度など各種制度について情報提供を行い、活用を促進する。

■目標を達成するための方策
職員研修(採用時研修、全体研修等)の実施のほか、法人内共有サーバーを活用し制度に関する情報提供と周知を行う。

(目標2)
子どもの出生時における父親の休暇の取得を促進する。

■目標を達成するための方策
職員研修(採用時研修、全体研修等)の実施のほか、法人内共有サーバーを活用し育児休業制度等について周知し、父親も育児に参加しやすい環境づくりに取り組む。

(目標3)
職員への意識啓発、ノー残業デーの実施等により、所定外労働の削減を図る。

■目標を達成するための方策
所定外労働の実態を把握し、削減に向けて職員へ働きかけるとともに、部署ごとで問題点の検討と、週に1回のノー残業デーを実施する。

(目標4)
年次有給休暇の取得を推進する。

■目標を達成するための方策
定期的に職員ごとの年次有給休暇の取得状況を把握し、取得日数の少ない職員に対し、管理職等により取得促進の働きかけを行う。また、連続した休暇の取得をめざし、リフレッシュ休暇の取得を推進する。

(目標5)
短時間勤務制度を周知し、様々な働き方の実現をめざす。

■目標を達成するための方策
職員研修(採用時研修、全体研修等)の実施のほか、法人内共有サーバーを活用し制度について周知し、職員の多様な働き方を支援する。

お問い合わせ
滋賀県商工観光労働部労働雇用政策課 
電話番号:077-528-3751
FAX番号:077-528-4873
メールアドレス:fe00@pref.shiga.lg.jp