文字サイズ

肥料節減に向けた技術対策集

はじめに

食料増産やバイオ燃料の増産など、世界的な肥料需要の増加に伴い、肥料価格が大幅に値上がりしていることから、農業経営にも大きな影響を及ぼすことが懸念されています。

滋賀県内における100経営体のデータを基にした経営試算(滋賀県農業技術振興センターとりまとめ)によれば、20~30ha規模の家族経営体を例にとると、原油高騰等に伴う動力光熱費の上昇と合わせ、平均で約2割の所得減少が想定されます(肥料費および動力光熱費が現状よりそれぞれ50%および30%上昇した場合)。

こういった肥料価格の状況は当面続くとみられることから、今後は、土壌診断の活用や有機物の利用、効率的な施肥技術の導入などを積極的に図り、これまで以上に肥料節減に努めることが重要です。

そこで、肥料節減に有効な技術等を、主な品目ごとにとりまとめましたので、今後の技術対策に活用いただきますようお願いします。

平成20年9月 滋賀県農政水産部

表紙・目次等

各品目における技術対策

関連資料

※県内の家畜ふん堆肥等の供給先一覧

お問い合わせ
滋賀県農政水産部農業経営課 
電話番号:077-528-3842
FAX番号:077-528-4882
メールアドレス:gc00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。