建設工事における社会保険等未加入対策の拡充について

 現在、すべての県発注工事について、元請企業の社会保険等未加入企業との一次下請契約の締結を禁止しているところですが、平成30年10月1日以降に県が入札公告を行う工事で、以下のとおり本措置を拡大します。

下請企業への社会保険等未加入対策(概要)・・・対象者の拡大

1.改正時期

平成30年10月1日以降に県が入札公告を行う工事

(随意契約については、平成30年10月1日以降に県が見積書の提出を依頼した工事)

2.対象者の拡大

  • 改正前:一次下請人を社会保険等加入業者に限定
  • 改正後:すべての下請人を社会保険等加入業者に限定

3.対象

すべての県発注工事(注1)

(注1)建設業許可業者であっても社会保険等への加入が適用除外のものは対象外とします。

4.受注者(元請企業)への措置

 特別な事情(注2)がある場合を除き、社会保険等未加入企業と一次下請契約を締結した場合、受注者に対して以下の措置を行うこととします。

  1. 入札参加停止措置:契約違反に該当し、入札参加停止とする。
  2. 工事成績評定点の減点:入札参加停止措置に伴い、減点とする。

(注2)「特別な事情」とは、当該下請契約を締結しないと工事の施工が困難になることが明らかであると発注者が認めた場合で、個別に判断することとなります。なお、この場合においても、指定期間内に社会保険等へ加入を義務付けるものとし、当該期間内に加入しなかった場合は、上記措置を行います。

5.資料

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」