住宅宿泊事業(民泊)について

住宅宿泊事業の届出制度や住宅宿泊管理業・住宅宿泊仲介業の登録制度など一定のルールを定め、健全な民泊サービスの普及を図ることを目的とした「住宅宿泊事業法」が平成30年(2018年)6月15日に施行されました。

制度の概要

住宅宿泊事業者

これまで、宿泊料を受けて人を宿泊させる営業を行う場合は、すべて旅館業法の許可を受ける必要がありましたが、住宅宿泊事業法施行後は、一定の要件を満たす住宅において、知事へ届出を行うことにより、年間180日を上限として人を宿泊させることができるようになりました。

住宅宿泊管理業者

家主が不在となる住宅において住宅宿泊事業を行う場合(法人が住宅宿泊事業者となる場合を含みます。)は、国土交通大臣の登録を受けた「住宅宿泊管理業者」に住宅の管理を委託しなければなりません。

住宅宿泊仲介業者

宿泊者との間の宿泊契約の締結の代理または媒介を委託する場合は、観光庁長官の登録を受けた「住宅宿泊仲介業者」または旅行業者に仲介を委託しなければなりません。

詳しくは・・・

  • 民泊制度ポータルサイト(観光庁)
(民泊制度ポータルサイト(観光庁))(外部サイト)

民泊制度に関するお問い合わせや民泊施設に対する苦情は・・・

  • 民泊制度コールセンター
  • 電話番号:0570-041-389 ※全国共通ナビダイヤル(通話料は発信者負担)
  • 受付日時:毎日 9時~22時(土、日、祝日も対応)

滋賀県の独自ルール

1 滋賀県住宅宿泊事業法に基づく住宅宿泊事業の実施の制限に関する条例(平成30年6月15日施行)

草津市の一部区域において住宅宿泊事業を行うことができる期間が制限されます。

(表)
住宅宿泊事業の実施を制限する区域 住宅宿泊事業の実施を制限する期間
草津市 野路東三丁目、野路東四丁目および野路東五丁目の区域 日曜日の正午から金曜日の正午まで(国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日の前日の正午から当該休日の正午までならびに1月1日の正午から同月3日の正午までおよび12月28日の正午から同月31日の正午までを除く。)

その他の区域では、法律の規定どおり年間上限180日となります。

2 滋賀県住宅宿泊事業に関するガイドライン

滋賀県内において住宅宿泊事業を行う場合に、法令および同法施行要領(国ガイドライン)に加えて守っていただくべきルールとして、「滋賀県住宅宿泊事業に関するガイドライン(県ガイドライン)」を策定しました。住宅宿泊事業の届出を検討されている方は、届出の前に必ず本文を熟読し、十分に理解された上で届出を行ってください。

届出時(概要)

  • 事業開始前に、周辺住民等へ周知してください (県ガイドラインで周知の範囲や内容を定めています)。
  • 関係法令(消防法、水質汚濁防止法、ごみ処理、市街化調整区域等)順守のため、次の関係機関に相談し、必要な手続きを行ってください。
  • 耐震工事、バリアフリー対応、適切な保険への加入【推奨】
法令の規定に加えて届出時に報告が必要な事項
  • 届出住宅にかかる緊急連絡先(標識に表示するもの)
  • 都市計画法上の区域区分等(市街化区域、市街化調整区域、非線引き都市計画区域、都市計画区域外)の別

標識の掲示

  • 法令に基づく標識は、届出受理後に県が発行し、届出者に送付します。標識は、公衆が外から見やすい場所に掲示してください。

届出された情報の取扱い

  • 事業の適正な運営を確保するため、県各関係部局、警察機関、消防機関および市町等と情報を共有します。

■ 事業に関する情報(届出番号、届出住宅の所在地、家主居住型・不在型の別、緊急連絡先等、標識に明示された事項)をホームページ等で公開します。

※届出前にご確認ください

住宅宿泊事業者等に対する指導・監督

  • 県は、事業の適正な実施状況の確認等のため、届出後ただちに当該届出住宅に関する法令等適合状況に関する報告を徴し、あるいは届出住宅等の現地調査を行うものとします。その他、定期的な法令等適合状況の調査、苦情等発生時の調査を行います。

届出方法について

住宅宿泊事業を営もうとされる方は、次のいずれかの方法により届け出てください。
(1) 電子申請(民泊制度運営システムによるもの)電子申請を行うには電子署名(公的個人認証サービスまたは商業登記認証)が必要となります。

(2) 窓口(県観光交流局)への書類持参による届出

  • 住宅宿泊事業届出書(第1号様式)を作成してください。
  • 届出書は、「民泊制度運営システム」で作成していただき、印刷後に押印した上で、下表の添付書類と一緒に窓口へ提出してください。
  • 「民泊制度運営システム」は、民泊制度ポータルサイトからログインできます。まずはシステムの利用者登録を行い、ログイン後に届出書を作成してください(届出方式は「申請・届出書類作成のみ」を選択し、必要事項入力後に「届出書出力」ボタンをクリックしてください。)
(民泊制度ポータルサイト(観光庁))(外部サイト)
  • 届出書に添付する書類の一覧
(表)
法人 個人 必要な書類
定款または寄付行為
法人の登記事項証明書(3月以内の原本)
届出者(法人にあっては役員)が、成年被後見人および被保佐人に該当しない旨の後見等登記事項証明書(3月以内の原本)
届出者(法人にあっては役員)が、成年被後見人および被保佐人とみなされる者ならびに破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者に該当しない旨の市町村長の証明書(3月以内の原本。本籍のある市町村役場で交付を受けてください)
届出者が未成年者で、その法定代理人が法人である場合は、その法定代理人の登記事項証明書(3月以内の原本)
住宅(建物)の登記事項証明書(3月以内の原本)
住宅が「入居者の募集が行われている家屋」に該当する場合は、入居者募集の広告その他それを証する書類
住宅が「随時その所有者、賃借人または転借人に居住の用に供されている家屋」に該当する場合は、そのことを証する書類
次の事項を明示した住宅の図面(ア 台所、浴室、便所、洗面設備イ 住宅の間取りおよび出入口ウ 各階の別エ 居室、宿泊室、宿泊者の使用に供する部分(宿泊室を除く)それぞれの床面積)
届出者が賃借人または転借人の場合、賃貸者または転貸者が「当該住宅を住宅宿泊事業に供することを承諾している」ことを証する書類(3月以内の原本)
住宅が区分所有の建物(いわゆる分譲マンション等)の場合、管理規約の写し
管理組合に禁止する意思がないことについて確認したことを証する書類
住宅宿泊管理業者に委託する場合、管理委託契約の締結時に交付された書面の写し
誓約書(法第4条に規定する欠格事由に該当しないことを誓約する書面)
住宅の外観写真
住宅周辺の地図
消防法令適合通知書(消防署から出された原本)
住宅宿泊事業法の安全措置に関するチェックリスト

事前相談について 

※県では届出前の相談を受け付けています。
(窓口にお越しの際はあらかじめ電話連絡をいただきますようお願いします。)

相談の際、次の「届出・相談等受付票」に記入してお持ちいただくとスムーズです。

届出された内容に変更が生じた場合は、

を、また事業を廃止する場合は

を、それぞれ提出してください。届出書は、「民泊運営システム」から作成することもできます。なお、変更事項の内容に応じて、上記に掲げた各添付書類が必要になります。

宿泊日数等の定期報告について

住宅宿泊事業法第14条の規定により、事業者は、毎年2月、4月、6月、8月、10月、12月の各15日までに、直近2ヶ月分の次の各事項について、知事へ報告する必要があります。

  1. 届出住宅に人を宿泊させた日数(正午から翌日の正午までを1日とカウント)
  2. 宿泊者数
  3. 述べ宿泊者数
  4. 国籍別の宿泊者数の内訳

定期報告の際は、「民泊制度運営システム」を利用して報告してください。

お問い合わせ

商工観光労働部 観光振興局観光政策室
電話番号:077-528-3741
FAX番号:077-528-4877
メールアドレス:minpaku@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」