文字サイズ

新型コロナウイルスワクチン接種についてのお知らせ

外国人の皆様はこちらをご覧ください。(準備中)

For foreigners , Please click here !(Coming soon)

1_基本情報

目的

このワクチン接種は、新型コロナウイルス感染症に係る死亡者や重傷者の発生をできる限り減らし、結果として新型コロナウイルス感染症のまん延防止を図るために実施するものです。

接種回数

2回(現時点で接種見込みのワクチンの場合)

接種費用

無料(全額公費)

接種対象者

一定の接種順位を決めて、順次、接種を進めていく見込みです。

令和3年1月25日時点での接種順位

(1)医療従事者等

(2)高齢者(令和3年度中に65歳以上に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)

(3)高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方

(4)それ以外の方(※ワクチンの供給量により、60~64歳の方の接種順位が高くなることがあります。)

妊娠中の方への接種については、こちらをご覧ください。(準備中)

16歳未満の方への接種については、こちらをご覧ください。(準備中)

接種開始時期

安全で有効なワクチンが承認され、供給できるようになり次第、順次、上記接種順位に沿って接種を進めていく予定です。

接種場所

原則、住民票所在地の市町(住所地)の医療機関や接種会場での接種となります。

※医療等に従事されている方への接種場所は、勤務先からお知らせする予定です。

なお、単身赴任中であるといった事情のある方は、住所地以外でワクチン接種を受けていただくことができます。

住所地以外での接種を希望する皆様は、こちらをご覧ください。(準備中)

ワクチン接種による副反応

現在の副反応等確認状況

現在、開発中のワクチンについては、副反応を確認しているところですが、日本への供給を計画している海外のワクチンにおいて、接種後に、ワクチン接種と因果関係がないものも含めて、接種部位の痛みや、頭痛・倦怠感・筋肉痛等の有害な事象がみられたことが論文等に発表されています。(詳細は、副反応に関する審議会資料をご覧ください。)
また、海外で既に実施されている予防接種においては、まれな頻度でアナフィラキシー(急性アレルギー反応)が発生したことも報告されているところですが、もし、アナフィラキシーが起きたときには、接種会場や医療機関ですぐに治療を行うことを想定し、準備を進めているところです。

 

副反応に係る相談窓口

副反応等の専門的な相談については、滋賀県新型コロナウイルスワクチン専門相談窓口にお電話ください。

滋賀県新型コロナウイルスワクチン専門相談窓口(令和3年3月1日から開設予定)

受付時間:午前9時から午後5時まで(土日祝含む)

電話番号:077-528-3588

FAX番号:077-528-4867

メールアドレス:corona_vaccination_shiga@medi-staffsup.com

※副反応等の医学的知見が必要な相談のみお問合せください。回線の混雑を避けるため、その他の相談については、お住まいの市町のコールセンターにお問合せ願います。

 

健康被害救済制度

新型コロナウイルスのワクチン接種後に副反応による健康被害が生じた場合についても、一般的なワクチン接種と同様に予防接種法に基づく救済制度が適用されます。

救済制度とは、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)を受けることができる制度です。

詳しくは厚生労働省ホームページを御覧ください。

 

2_医療機関等向けのお知らせ

3_接種者へのお知らせ

医療従事者の皆様へ

(準備中)

令和3年度中に65歳以上に達する皆様へ

(準備中)

基礎疾患を有する皆様へ

(準備中)

高齢者施設等の従事者の皆様へ

(準備中)

上記以外の皆様へ

(準備中)

4_県内市町関連サイトのご案内

5_情報提供サイトのご案内

お問い合わせ
健康医療福祉部医療政策課感染症対策室ワクチン接種推進チーム
電話番号:077-528-3691
FAX番号:077-528-4867
メールアドレス:corataisaku12@pref.shiga.lg.jp