文字サイズ

新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応について

現在の副反応等確認状況

ファイザー社の新型コロナワクチンでは、接種後に注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱等がみられることがあります。こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。(承認前の臨床試験でのこうした症状の頻度はこちら、接種開始後の健康状況調査の結果はこちら)

日本への供給が計画されている海外のワクチン(アストラゼネカ社、モデルナ社、ノババックス社が開発中のワクチン)でも、ワクチン接種後に、 ワクチン接種と因果関係がないものも含めて、接種部位の痛みや、頭痛・倦怠感・筋肉痛等の症状がみられたことが論文等に発表されています。(詳細は、副反応に関する審議会資料をご覧ください。)

また、稀な頻度でアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)が発生したことが報告されています。アナフィラキシーの報告状況等は、こちらに掲載しています。もし、アナフィラキシーが起きたときには、接種会場や医療機関ですぐに治療を行うことになります。

接種後副反応が起こった場合の対応

接種後、数日以内に起こるかもしれない症状(発熱や筋肉痛、注射した部位の腫れや痛みなど)以外が起こった場合は、まず滋賀県新型コロナウイルスワクチン専門相談窓口にご相談ください。

滋賀県新型コロナウイルスワクチン専門相談窓口

副反応等の専門的な相談については、滋賀県新型コロナウイルスワクチン専門相談窓口にお電話ください。

看護師または薬剤師が対応します。

滋賀県新型コロナウイルスワクチン専門相談窓口

〇受付時間

 毎日24時間(土日祝含む)

〇電話番号

 午前9時から午後6時まで:077-528-3588

 それ以外の時間:077-528-3621

〇FAX番号

 077-528-4867

〇メールアドレス

 corona_vaccination_shiga@medi-staffsup.com

※副反応等の医学的知見が必要な相談のみお問合せください。回線の混雑を避けるため、その他の相談については、お住まいの市町のコールセンターにお問合せ願います。

 

予防接種救済制度

新型コロナウイルスのワクチン接種後に副反応による健康被害が生じた場合についても、一般的なワクチン接種と同様に予防接種法に基づく救済制度が適用されます。

救済制度とは、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)を受けることができる制度です。

詳しくは厚生労働省ホームページを御覧ください。

 

よくある副反応の問い合わせ

※厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A」から引用
質問 回答
これまでに認められている副反応にはどのようなものがありますか。 ファイザー社の新型コロナワクチンでは、接種後に注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉の痛み、寒気、下痢、発熱等がみられることがあります。 こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。
ワクチンを受けた後に熱が出たら、どうすれば良いですか。 ワクチンによる発熱は接種後1~2日以内に起こることが多く、必要な場合は解熱鎮痛剤を服用するなどして、様子をみていただくことになります。

お問い合わせ
ワクチン接種推進チーム
電話番号:077-528-3691
FAX番号:077-528-4868
メールアドレス:coronataisaku12@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。